スポンサーリンク
スポンサーリンク

宇野常寛がキンコン梶原(カジサック)にブチギレた理由や内容は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

キンコン梶原(カジサック)に宇野常寛がブチギレ

評論家の宇野常寛さんがキングコングの梶原さんにブチギレたとしてネットをざわつかせています。

梶原さんは、以前にもサンシャイン池崎さんの実家のリフォーム企画で『公衆トイレ』という発言をして炎上しましたが、またしてもいざこざが…

YouTuberカジサックとしても順調な梶原さんだけに、ここ最近の炎上騒ぎについてどう思っているのでしょうか?

以前のオリラジの中田さんの件では、自身のYouTubeチャンネルにて対談という形を取り和解に落ち着いていました。

そこそこ面白いので、時間のある方は少しご覧になってはいかがでしょうか!

見るなら5分すぎくらいからがオススメです!

長いから2倍速で見ましょうwww

報道では、梶原さんの宇野常寛さんに対する『失礼な絡み』によって宇野さんがブチギレて帰ったとされていますが、実際はどのような内容でどんな理由で宇野さんは帰ってしまったのでしょうか?

宇野常寛がブチギレが梶原にブチギレた理由や内容

宇野常寛さんがブチギレて帰ったのは、2月2日の行われた『ホリエモン万博 節分祭り』でのチャンバラ合戦大運動会だったそうです!

そこに参加していた方のツイートを見ると

芸人特有のいじりですね。
宇野さんは別に芸人ではないですし、イジられておいしいと思うタイプではないと思いますので、梶原さんのイジリに対して『失礼な絡み』とブチギレたのではないでしょうか?

バラエティ番組の構造では、ツッコミ役といじられ役という担当の人がいることで成り立っているのが日本のバラエティ番組の構造です。
バラエティに出演している人たちは、その枠の中で『ツッコミ』『いじられ』などとポジションを決めて自分の役割を全うするようなイメージですよね!

梶原さんにとっての盛り上げると言う定義が、『バラエティ番組的に』というものだったため、一般人である宇野常寛さんにとっては『失礼な絡み』に感じられたのでしょう。

梶原さんが自身の芸人という価値観を押し付けてしまったが故に起こった出来事ですね。

その絡みの後に、宇野常寛さんは帰ってしまったと言いますが、当然のことながら現場の空気は…

最悪やっ!!!!笑

今回の炎上事件に対するキンコン西野さんの対応が秀逸すぎてヤバいwww

宇野常寛のツイートと結局宣伝?w

今回の騒動の中心である宇野常寛さんのツイートをまとめてみました!

宇野常寛さんは一般人ですので、芸人のノリについていけないというのは良くわかりますし、梶原さんにも芸人だから盛り上げないとという想いもあったのかもしれませんね。

宇野さんがツイートで話していることも良く分かりますが、最後は結局自分の本の宣伝かよwwww

商売上手ですね笑
そんな、宇野常寛さんの本はこちらですw

新しい地図の見つけ方 [ 宇野常寛 ]


若い読者のためのサブカルチャー論講義録 [ 宇野常寛 ]

新しい地図の見つけ方は面白いので読んでみてください。
中古ならアホほど安いので、とりあえずあらすじを見て興味ある方は読んでみることをオススメします!

世間の声は?

・私の個人的見解ですが、堀潤氏はジャーナリストを諦め、広告代理店の道を模索中ではないかと感じています。宇野常寛氏を擁護したり、ホリエモンの事業に参加したりと、ジャーナリストとは到底考えられない行動が目立ちます
・ホリエモン万博に出演した宇野常寛がキングコングの梶原に弄られ怒って帰ったらしい。芸人でもない弄られなれてない人が個人的に親しくもない相手から弄られ続けたらそりゃ怒ってもおかしくないわなあ。誰だって普通道化役にはなりたくないし、その辺の根回しとか事前にしとかないとダメよね。
・これは面白い。相方の西野さんが関係性ないひとからのイジリで違和感感じたようなことを、恐らく天然でやってしまったのかな。あれだけ周りが見えて才能ある人なのに。空気が見えすぎる人は時にあるのかね。
・宇野さんと梶原さんのチャンバラの模様ってホリエモン万博の動画みたらみれるのかな?見れるなら見てみたいけど
・ホリエモン祭で他演者に失礼な態度をされて場を離れた宇野常寛さんに「仕事なのに」「社会性がない」と言っている人がいるけど、
「仕事だから我慢する」は選択肢のひとつでしかないと思う。「お金やスキルなど得るものがある場だから我慢する」もあれば「この冒涜に耐える必要らない。帰る」もある。
・宇野さんお出になるからってホリエモン万博行こうかと思ってたけど行かなくて良かった。
カジサックって今回初めて聞いたし、TVの世界にいればいいのに。
もう宇野さんの周りに来ないで欲しい。
その場から立ち去る…勉強になりました。
・ホリエモン万博でカジサックと宇野が揉めたとか登場人物全てに嫌悪感しかない組み合わせだね!
・このイベント、私もちょっと興味ありました。ホリエモンさんをバシッとできるかも?なんて思ったりでも、これ、カジサックチームと宇野チーム以外の人はどうしたのかな?おもしろい、って思ってたのかな?実際に参加していた人に話を聞きたいね。
・宇野さんのホリエモン万博での対応について議論になってるけど、ノリって本人が楽しいことが前提になるべきだよね。
だれも傷つけなきゃいじり方と相手が不快にならないレベル。
この二つを分かってないと、いじりじゃなくなるのかな。

まとめ

キングコングの梶原さんに対して、評論家の宇野常寛さんがイベントでブチギレた件についてまとめてきました。

お互いが異なる業界の人間であるために、『考え方の違い』が衝突を産んだのではないでしょうか?

YouTuberとなった梶原さんですが、関わっている人たちはバラエティにいた頃と属性としては変わらないですよね。
周囲の人達が肩書き自体は芸人ではなく、YouTuberに変わってきた梶原さんですが『イジられたらおいしいと思える』という価値観では芸人とエンタメ系のYouTuberはあまり変わらないですよね!

その価値観をあまりにも全面に押し出してしまった結果が、今回の衝突の原因だったのではないでしょうか?

個人的には、梶原さんがYouTuberとして勢いがあるので調子に乗っているとも思いませんし、ブチギレて帰った宇野さんの器が小さいとも思いません。

単純にお互いが価値観の違いを認識しないまま、突き進んでしまったゆえの事件なのではないでしょうか?

今後の働き方としては、複業が認められてくるにつれて、僕たちも今以上に異業種の方達と関わる機会が増えていくと思います。

あなたは、異業種との関わりについてどう考えますか?ご意見を聞かせて頂ければ幸いです!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする