心や美肌も関係している?腸内環境の影響力の凄さ!おそるべし腸内細菌たち。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

腸内環境が身体に与える驚きの影響?

腸内環境の状態は、お肌の美しさにとって重要です。

腸内細菌の乳酸菌などの善玉菌は、腸内でビタミンB1、B2、B6、B12ビタミンK、パントテン酸、葉酸、ニコチン酸、ビオチンなどを合成したり、生成に関わっていることがわかっています。

例えば、
ビオチンはお肌の角質層のうるおいを保ち、抜け毛を防いでくれるビタミンですが、
外から摂取しても、腸内細菌である善玉菌の働きがない限り体内で吸収できません

目尻のシワの進行を抑えたり、肩こりを和らげたり、骨粗鬆症を予防したり、更年期障害を軽くしたり、乳癌を予防したりするエクオールという成分は、大豆イソフラボンから
腸内細菌が変換して作ります

日本人の50〜60%はエクオールを作れますが、
欧米人では20〜30%の方しか作れないと言われています。

日本人でも食生活が欧米化し、
大豆製品を食べない若者を中心にエクオールを作りにくくなっているそうです。

ビオチンもエクオールも、腸内細菌が作る美肌成分です。
腸内細菌の量が少なく、かつバランスが悪ければ、良い栄養素も作れなくなってしまうことがあるのです。

そんな、僕たちのお肌の美しさに関与する腸内環境ですが!

なんと!
私たちの人格形成にまで関わっている可能性があるのです!

カナダのマックマスター大学の実験では、攻撃的なマウスとおとなしいマウスの腸内細菌を交換すると、攻撃的だったマウスはおとなしくなり、おとなしかったマウスは噛みつくようになったのです。

”腸内細菌が動物の性格を決める可能性が高い”
ということがわかってきたのです。

脳内の幸せ物質であるドーパミンや情緒を安定させるセロトニンが体内で合成される時には、葉酸やビタミンB6が不可欠ですが、これらは腸内で善玉菌たちが作り出している代表的なビタミンです。
悪玉菌が分泌する硫化水素とアンモニアは神経毒なので、腸内で微量でも神経に接するとイライラを招き、ストレスが高じてきます

反対に
善玉菌は硫化水素とアンモニアを分解してアミノ酸に変換し、セロトニンやドーパミンを合成することがわかっています。

はっきりとしたことはわかっていませんが、腸内細菌のバランスで性格までも変わってしまうのは、こういう理由があるのではないかと考えられています。

つくづく大事ですね。腸内環境!

僕たちの腸内環境の悪化が、近年メンタル系の疾患が増えている原因の一つなのかもしれませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする