香港でフランスのジャガイモ手榴弾が爆発の映像!処理の方法は?

香港でフランスのジャガイモが爆発

香港にあるポテチを作る工場に輸入されたフランスのジャガイモに手榴弾が混じっていたことが明らかになりました!

何事!!!と驚きの事件ですが、意図的に混入したわけではなさそうです。

 

なぜなら、ジャガイモと一緒に見つかった手榴弾は、第一次世界対戦の時に利用されたドイツ軍のものだったからです。

ちなみに、手榴弾が見つかった香港の工場は『カルビーフォーシーズ』の工場のようです。

発見された手榴弾は、安全装置が外れていましたが不発弾となっていたと言います。
フランスに攻め込んだドイツ軍が投げたものが100年越しに香港で見つかるなんてすごいことですよね!!!

 

ジャガイモ手榴弾爆発の瞬間の映像

一体どんな形をした手榴弾だったのでしょうか?
その爆発の瞬間と合わせて見ていきましょう!

見かけは確かにジャガイモにそっくりですよね!
これでは見間違えるのも無理ないです。

手榴弾が発見され爆弾処理班が出動しましたが、処理の際の爆発を見ると100年経っても現役の爆弾であることがわかります。

不発弾って爆発するんですね!!!
危なすぎです。

 

ジャガイモ手榴弾の爆弾処理の方法は?

香港のカルビーフォーシーズで発見された不発弾はどのように処理されたのでしょうか?

報告によると、工場の敷地内で爆発物処理班が排水溝に手榴弾を投げて爆破して処理したそうです。

 

上記の動画で見られている手榴弾の爆発シーンは、爆弾処理の際の爆発のものですね!
それにしても、手榴弾が発見されないで空輸されてしまうということには驚きました。

ジャガイモ輸送の際には、金属探知機などを使った検査などはしないのでしょうか?

非常に気になるニュースでしたよね!

 

世間の声は?

・じゃがいも風手榴弾とか怖…
・じゃがいもの中から手榴弾が出てきたの驚きだな。なにに驚いたかといえば、自分なら警察に届けたりしないでその辺の壁に投げつけてたと思うから。だってただの金属の丸いヤツってだけだろう?
・ドイツ軍のとみられるじゃがいも(手榴弾)
・見てみたけど、日本で売らん製品なのに日本語表記もあるのは何故?
バーベキュー味のポテトチップスは気になるがw
・これなんやろ?まあ埋まってるしゴツゴツしてるからじゃがいもやろ⇒手榴弾でした
・すごー!フランスから輸入したじゃがいもの中からドイツの手榴弾って!
・手榴弾は第一次大戦中のものらしい…
地中に埋まっていたものがじゃがいもと一緒に収穫されたんかな?不思議
・じゃがいもに手榴弾混じってるの
さすがに内戦地域か中国本土からの輸送物くらいでしか無さそう
・じゃがいもに混じって手榴弾とか恐ろしすぎる
・自分のことをじゃがいもだと思いこむ手榴弾
・フランスから中国に新年の旧正月プレゼントがじゃがいも型手榴弾かよ。
マクロン怖いな…
・第1次大戦中の手榴弾が、じゃがいもに混じっていたとは!写真を見る限り、たしかに似ている。
カルビーの子会社で見つかったのだな。

香港で見つかったフランスのジャガイモ手榴弾が爆発の映像!処理の方法は?のまとめ

香港の工場でフランスから輸入されたジャガイモに手榴弾が混じっていた事件についてまとめてきました。

大惨事にならないで処理されてよかったですよね!
この手榴弾がポテチに加工される段階に運ばれていたら、被害がでる可能性もあったので何事もなくてよかったです。

それにしても、第一次世界大戦時の手榴弾が100年越しに爆発とは怖い事件ですね...