スポンサーリンク
スポンサーリンク

【VAR動画】吉田麻也のハンドでPK献上!海外からは意外な声が!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

先日のアジアカップの決勝カタール戦で起こったVAR判定による吉田麻也のハンドですが、この審判の判断に対して国内外から批判が発生しています。(主に海外)

その問題となったハンド動画と合わせて解説していきます!

吉田麻也がハンドでPK献上

史上最多の5度目の優勝を狙ったサッカー日本代表は、あと1歩のところで惜しくも敗れ去ってしまいました。

アジアカップ決勝のカタール戦では、1-3という結果に終わってしまいました。

数字だけ見ると惨敗のように感じられますが、3点目はDFである吉田麻也のハンドをとられPKで決められています。

そして、この吉田麻也のハンドはVAR判定で主審にジャッジされました!
話題のビデオ判定ですよね。

VARはロシアワールドカップでも採用されており正確なジャッジが下せる一方で、ビデオ判定でいちいち試合が止まるのでゲームスピードが落ちてしまうというデメリットも浮き彫りになりましたが、今回のケースでもこのVARを使ったジャッジに注目が集まっているようです!

【動画】吉田麻也のハンドの映像はこちら

問題となっているVARでジャッジされた吉田麻也のハンド映像はこちらです!

カタールのCKからハサンとの競り合いになった吉田でしたが、ハサンがヘディングしたボールに左腕が当たっている様子が映し出されています。

このシーン後、主審はVAR判定をコールしPKのジャッジを下しました!

0-2の状態から1-2と日本が追い上げムードだっただけに、このタイミングでの吉田のハンドからのPKは痛かったですね…

吉田…お前、またかよっ!!!ってなった人も多いのでは?笑

ハサンのヘディングを吉田麻也の左腕がブロックしていたのは事実であり、日本では「仕方ない」との見方が優勢ですが、海外のサッカーファンは異なる見方をしているようです!

「Fox sports」では、この主審の判定に対して批判の声がたくさんあがっているそうです。
その理由としては、あのハンドは故意的なものではないからPKというジャッジはおかしいということなのです!

そもそも、ハンドというファウルは故意的なものでなければファウルとしてカウントされないはずです。
もし、手に当たったものが全てハンドになるのであれば、バイタルエリアでは相手DFの手にボールを当ててハンドをとりPKに持ち込むという手段が取れてしまいますよね!

今回のVARを用いた主審のジャッジを受けて

・VARの登場によってハンドの基準が曖昧になった
・素晴らしいファイナルだったが、レベルの低い審判によってぶち壊れた
・主審がVARによって宣告したPKは馬鹿げている!
・終了間際の主審のジャッジのせいでゲームは終わってしまったよ。
・あのハンドは故意的なものでないと視聴者はみんな感じただろう
・故意でなければハンドではないのでは?

などと、多くの疑問の声が上がっています!

VARを用いたとしても、サッカーという競技特性ではジャッジが非常に難しい場面があるのも事実です。
そこまでの流れなども考慮しなければいかないからです。
サッカーに関しては、その競技特性から主審のAI化というのは難しいかもしれませんね!

カタールのいいプレーが多かったので、カタール戦のハイライトを載せておきますね。
オーバーヘッドなども飛び出して楽しいゲームでした!

【動画】過去の吉田麻也のハンドやVAR判定集

今回のカタール戦で吉田麻也がハンドをとられPKを献上してしまいましたが、吉田麻也は過去にもハンドを取られていますよね!

それがこちらです。

ベトナム戦でしたよね!笑
完全に左腕やんwww

ついでに、ロシアワールドカップでVARの導入によって判定が覆ったシーンがまとめられていた動画があったのでご紹介しておきます。

世間の声は?

・過去にはコンフェデのイタリア戦もそうだし、ヨルダン戦の2失点目もそう。この吉田って奴は何回、失点に繋がる致命的なミスをすれば気が済むんだ?
・今大会で吉田はキャプテンとしての仕事は目に光る物があったし、誰も文句言えんだろ‼️ 今回は惜しくも優勝逃したが 次に繋がる大会だったと思います。 日本代表おつかれ様でした
・素朴な疑問、何でこんな当たりやすい位置に腕を出すんだろう? ゴールするより、この腕に当てる方が、10倍楽だと思う。腕を挙げすぎだろう。
・完全なるハンド手が肩より上にある
W杯コロンビアのハンドと一緒、結果出てから修正しても取り返しつかない。
大事な試合でもともとあったリスクが出てしまった。
あんな癖は誰か指摘して修正しないといけない。
癖じゃなくわざとならば尚更実力が無い。
・もう吉田は代表辞退しろ。何度取り返しのつかないファウルをやれば気が済むんだ。なぜヘディングする瞬間に手があそこまで上がっているんだ。手に触れるどころか明らかに故意にボールを手ではねのけているではないか。みんなの苦労がこいつの愚行で一瞬で終わった。切り返しされても体の反転も瞬時に出来ない電信柱みたいな奴は即刻代表から降ろすべき。
・世辞はいらん ここの力は同程度でも、チーム力に差があった。カタールの守備は機能していたな
・アジアのレベルが高くなってきたのはいい事
1失点目はあれは素直にうまかった。まあしょうがないで済ませられるが、2点目は別。ほんとに詰めが甘かった。なぜバイタルエリアで相手に余裕を持たせたのだろうか?それはシュート打たれるにきまってるよ。イラン戦で良くなったと思ってたが、まだまだ日本の守備は改善の余地がありますね。次のコパ・アメリカ楽しみにしてます!両チームお疲れ様でした。
・カタール強かったよ。守備もほとんどの選手が体投げ出して頑強に守ってたし、FWのタレント力は日本より明らかに上だった。1点目と2点目の失点はワールドクラスだからあの状態に持ち込まれたら防げないよ。だから強豪とやる場合はバイタルエリア入る前につぶさないといけないわけだしね。

みんな吉田への当たり強すぎですwww

まとめ

吉田麻也のカタール戦でのハンドについてまとめてきました。

VAR判定は以前から使い所が難しいシステムであるとは言われていましたが、今回のハンドの件でも海外では話題になっているようです。

面白いのは、日本人よりも海外でこのように言われているということですよね笑
今後の日本代表の活躍に期待しましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする