スポンサーリンク
スポンサーリンク

嵐が活動休止の理由はなぜ?各メンバーのコメント全文とSMAPの影響

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

嵐が2020で活動休止を発表

ジャニーズの中でもトップの人気を誇る嵐が、2020年で活動休止をすることを発表しました!

この発表に多くの人が衝撃を受けているようで、Twitterでは世界のトレンドで午後6時時点で「活動休止」が48万件で1位、「ジャニーズ」が10万件で2位、「SMAP」が6万件で3位に入っています。

凄まじい注目度ですね笑

いきなりの活動休止を発表した嵐ですが、一体どのような理由で活動を休止するのでしょうか?各メンバーのコメントや動画をまとめていきます。

嵐より活動休止のお知らせがありました。

嵐の活動休止に対するメンバーのコメント

人気絶頂期の中で、突如としての活動休止に驚きを隠せない状態ですが、一年以上の話し合いのすえ今回の結論を出したようです!

リーダーである大野智さんは
2020年という区切りで一度、嵐をたたみ、5人それぞれの道を歩んでもいいのではないか。何度も話し合った結果、結論に至りました。
とコメントしています。

ここからは、それぞれのメンバーのコメントを紹介していきます!

大野智のコメント全文

僕たち嵐からファンの皆様にお伝えさせていただきたいことがあります。
僕たち嵐はたくさんの話し合いを重ね、2020年12月31日をもって嵐としての活動を休止させていただくことになりました。
突然の発表で驚かせてしまっていると思いますが、まず誰よりもいつも応援してくださっているファンの皆様に僕たちの決断をちゃんとお話しさせていただきたいと思います。

2017年6月中旬ごろに、僕はメンバー4人に集まってもらい自分の気持ち、思いを話しました。その内容は、2020年をもって自分の嵐としての活動は終えたいと。

嵐20周年、そして2020年という区切りで一度嵐をたたみ、
5人それぞれの道を歩んでもいいのではないか、
また勝手ではありますが、一度何事にも縛られず、自由な生活がしてみたい、
自分の思いを伝えました。

メンバー1人1人と何度も会って話しました。
その後は5人で何度も何度も話し合った結果、2020年をもって嵐を休止するという結論に至りました。

メンバー個々の思いもあります。
その思いを背負いながら2020年いっぱいまで走り抜きたいと思っております。
急な発表ではありますが、今までずっと僕らを支え続けてくださった全ての関係者の皆様、そして何より僕たちをずっと応援し続けてくださったすべてのファンの皆様、本当に申し訳ありません。

言葉では表すことができないくらいの感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございました。
2020年いっぱいまでの残りの期間、今できる自分の使命をきっちりと果たしていきたいと思っています。

櫻井翔のコメント全文

メンバーそれぞれと何度も何度も話し合いました。
そして、5人全員でも何度も何度もたくさん話し合ってきました。

いま相葉くんも言っていましたけど、バラバラになってしまったというよりは、5人でしっかりと肩を組んで、1つの大きな目標に向かっている、というのが今の嵐です。
言うならば、一致団結といったところです。

皆さんにこれまで数え切れないほどのたくさんの夢を見させていただきました。
ここから5人で駆け抜けていく中で、温かみを感じられるような線香花火のようなものから、どでかい打ち上げ花火まで、可能性の是非も含めて日々考え続けてます。

どうか見守っていただけたらと思います。
本当に皆さま今まで支えてくださってどうもありがとうございました。

二宮和也のコメント全文

最初に聞いた時は本当に驚きました。僕はそういうことを考えていなかったので、ただただ驚いたというのが本音でございます。

でも、さっきリーダーも言ったように、時間をかけて5人で何度も話し合ってきた結果が、こういうことでございます。僕はずっと言っていたとおり、嵐はやっぱり5人で嵐なので、今回の決断、リーダーの思いを尊重する形となりました。

ですが、2020年まで5人で嵐らしく活動してまいりたいと思っておりますし、何より楽しく、皆様方と思い出と作っていきたい。また、関係各位の皆様方にはまだまだこれからもお世話になりたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

そして、ファンの皆様、忘れないでいただきたいのは、僕らはいつまでも嵐なので、これからもどうぞよろしくお願いいたします

相葉雅紀のコメント全文

僕も本当に驚きましたし、何よりも本当に5人で嵐という思いが強いため、1人でも2人でも欠けてしまっては、嵐と名乗ってグループ活動することは難しいと思いました。

本当に僕は嵐のことが大好きですし、嵐のためだったら何だってできると思っております。本当に仲が悪くなってこういう結果になった訳ではありませんし、何度も何度も話し合いました。そして5人、スタッフの皆さんも入れてですけども、出た答えです。

本当に残された時間にはなりますけど、今まで通り、今まで以上に皆さんに楽しんでいただけるように精一杯頑張らせていただきます。そして、いつの日かまた5人が同じ方向を向いて嵐として活動を再開できる時には皆さまに喜んでいただけるようなパフォーマンスができるように本気で頑張らせていただきます。

本当に皆さま今まで支えてくださってどうもありがとうございました。

松本潤のコメント全文

まずは突然の発表でビックリさせてしまったと思います。申し訳ありません。
5人で話し合いを重ねた上で、このような決断に至りました。

5人で2020年まで走り抜くこと、そしてファンの皆さまと一日一日を楽しんで、そして最後の日まで楽しい思い出を描き続けていく。
そんな日々を過ごしていけるよう、これから毎日を一生懸命、精一杯過ごしていけたらなというふうに思っています。

このタイミングで発表することになったのは、僕らの思いを皆さんに理解していただくのは、とても時間がかかることだと思っています。
また、その話をお話させていただいた上で、自分たちも前を向いて毎日を過ごしていけたらなという思いから、このタイミングで発表させていただきました。

今年は20周年もありますし、2020年、最後の日まで5人で走り抜いていきたいと思っています。
ファンの皆さん、ついてきて下さい。

嵐が活動休止になる理由は?SMAPの影響も

嵐の各メンバーのコメントを紹介したので、ここからは嵐が活動休止を決意した理由について考えていきます。

嵐の活動休止について言及したのは、リーダーの大野くんだそうです。
他のメンバーはその提案に対して驚いたと話していますが、約1年かけて話し合いを続けた結果『活動休止』という結論に至りました。

考え方によっては、リーダーの大野くんだけ脱退という選択肢もありましたが、二宮くんの『僕はずっと言っていたとおり、嵐はやっぱり5人で嵐なので、今回の決断、リーダーの思いを尊重する形となりました。 』というコメントにもあったように嵐としての絆を優先させたのでしょう!

大野が嵐活動休止を提案した理由は?

では、大野くんはなぜ嵐としての活動休止を考えたのでしょうか?

嵐の活動休止について大野くんが提案したのは、2017年6月のことだと言います。
もしかしたら、2016年に先輩であるSMAPの電撃的な解散が影響しているのかもしれません!

まさにその頃はSMAP解散に揺れていた時期ですし、嵐というモンスターグループのリーダーを務める大野くんにとって『嵐』というグループについて考える機会になったのかもしれません。

メンバーも30代後半になってきた嵐。
アイドルというにはかなり高齢ですよね!

嵐のメンバーはドラマやバラエティで活躍しているので、アイドルというポジションは、下の世代にませていきたいという考えもあったのかもしれません。

抜けるというのが最大の後輩指導なのかもしれません!

世間の声は?

・自由が欲しかったのでしょうね。
結婚もしたいだろうし、旅行もしたいだろうし。
残念だけど、人生は一度きり。悔いのないような選択を選んだのだと思う。
・ジャニーズ帝国崩壊か
・男でも嵐好きだぜ。でも休みなさそうだし休養させてあげようぜ。ところで大野くん好きとしてはピンでバラエティ出なさそうでつらい。
・え!今度は嵐かよ
次の軸って誰?Kis-My-Ft2?Sexy Zone?くらい?
一気に世代交代やな
・真面目な話、グループに縛られずファンに縛られず自由に活動してほしいものです。
もういい歳なんだし結婚とかもあるでしょう?応援しなきゃ
・嵐はいい曲多いので、残念です。でも解散じゃなく活動休止ですし、メンバーの意思を尊重しましょう。
・もう〜嵐もなんやかんや40歳近いオッさんやからなぁ……純烈とあんまり変わらん(笑)
でもまだ後2年あるんやから…
しかし最近のグループは、ホンマに解散セェ〜へんなぁ……パッと散る解散するの美学みたいな
・数年前から話が出ていたんだね。この発表までの間いろいろな番組に普通の顔で出続けていたことは相当辛かったんだろうな

まとめ

嵐の突然の活動休止宣言について解説してきました。

これだけの人気がある中での活動休止というのは非常に勇気のいる選択だったと思います!

SMAP解散というジャニーズ内でも大きな事件がありましたし、アイドルというものへの考え方に大きな変化があったのかもしれません。

嵐としての活動休止を発表しただけですので、それぞれの仕事は継続していくのでメディアで見られなくなるということではないでしょう。

ジャニオタにとっては非常に辛い発表だったのではないでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする