紫外線対策・光老化について

肌の老化を防ぐのには
紫外線や空調、外気による乾燥などの外敵から、いかにお肌を守るか?が大切です。

 

肌の美しさを外側から守る上でものすごく大事なんですよー!

 

 

お肌の老化の8割は「光老化」という事実

それが証拠に顔にはくすみやシワ、シミがあるお年寄りも、太ももの内側などは色が白く、深いシワやシミなどはほとんどみられません。

自分の内もも見てください!やたら白い!笑

私たちの肌をじっくり観察してみても、日光を浴びやすい手の甲と、鏡に映ったお尻などを比べてみれば一目瞭然ですよね!

 

光老化って一体なんなの?

太陽光の美容への影響は、
本当は日焼けすることではなく、徐々に蓄積されて起こるお肌の変化にあります。

 

『UV-B』は皮膚の浅いところまでしか届きませんが、シミやシワを作ったり、大量に浴びることで皮膚がんを発生させる原因になります。
『UV-A』はUV-Bのような激しい反応はないが、とても波長が長く真皮にまで届くため、弾力やハリを保っているエラスチンやコラーゲンを変性させ、皮膚の老化を早めます。

 

UV-Bの影響も強烈ですが、地上に到達する紫外線の約95%がUV-Aなので、真夏以外にも毎日ジワジワとくる長期的な影響が一番大きいのです。
実はUV-Aってやつやばいです...

 

最近では UV-Aよりもっと長い波長の可視光線の「ブルーライト」も光老化の原因になることがわかってきました。

 

ブルーライトは太陽光以外ではパソコンやスマートフォンのLEDバックライトにも使用されていますし、僕たちの生活の短な所にありますよね!

 

それより長い波長である近赤外線は、さらに深く肌の奥まで到達し、
細胞内のミトコンドリアにダメージを与えるとも言われます。
ミトコンドリアって生きていく上でめちゃ大事ですよ!

人間は60兆個の細胞で構成されてんだから!

 

こうした光が肌に当たった時に、一重項酸素という活性酸素が発生します。

 

一重項酸素の悪影響とは?

一重項酸素は真皮の70%を占めるコラーゲン線維を破壊したり、コラーゲンの量を減らす影響があります。

コラーゲン線維は架橋と呼ばれる橋で結びついているのですが、一重項酸素によってこの架橋が変性してしまいます。

架橋が変性すると、お肌は硬くなり、深いシワの原因になります...

そして、コラーゲンの架橋が変性した肌は水分を保持する力も衰え、ハリを失います

これが、
光老化のおもな原因です!

やばいですねー光老化って...

 

 

光老化避けたいぃぃぃ!

なぜ避ける必要があるかわかったので、今度はその方法を知りましょう!