スポンサーリンク
スポンサーリンク

作新学院のボクシング部で体罰!川島弘行の顔画像とパワハラがやばい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

作新学院のボクシング部で体罰

宇都宮市の作新学院高校でボクシング部の監督を務める川島弘行氏が、体罰やパワハラを繰り返していたとして匿名の文書が学校に届けられたそうです。

これを受けて、作新学院高校が調査に乗り出したところ川島弘行監督がボクシング部の部員に対して体罰やパワハラを行なっていたことが明らかになりました!

また高校の部活でのパワハラですか…
そしてボクシングという…

昨年からボクシング関係の事件が多いですね。

体罰教諭の川島弘行の顔画像と経歴

名前:川島弘行
年齢:1975年5月29日 44歳
出身:栃木県小山市
住所:栃木県宇都宮市
学歴:法政大学
所属:私立作新学院高等学校

川島弘行教諭による指導では、作新学院は全国高校総体や全国高校選手権大会で優勝しています!

非常に練習がハードでパワハラもあったようですが、作新学院のボクシング部は強豪校として有名です。

しかし、行きすぎた指導のためパワハラがキツ過ぎて問題となりました。
これにより、川島弘行監督は受賞が決まっていた第60回高校スポーツ賞の優秀監督賞を辞退することになりました。

川島弘行のやばいパワハラ(体罰)

高校の部活といえば、顧問が絶対的な権力を持っている部分が大きいですよね。

過去にも剣道部などで部活動中に顧問から強烈な体罰があったとされ問題となった教師がいました。

今回はインハイで8度の優勝を誇る名門、作新学院のボクシング部でのパワハラが発覚しました。

具体的な内容としては
・数年前から練習や遠征中に顔を平手で殴る
・生徒に対して暴言や罵倒の嵐
・1時間以上の正坐
・その他多数の暴力行為など
多くの体罰やパワハラが生じていたと言います。

世間の声は?

・失楽園
54年ぶりの甲子園優勝投手がプロ入り後喫煙で謹慎
ボクシング部の体罰トリプルスリー達成だ
・体罰報道は、問題を単純化しすぎていて感心しない。
メディアはいつも社会に悪影響を及ぼす副産物を作り出してしまう。
しかし、それには知らん顔。あるいは気づいていない
・ボクシング部なら平手でなくてアレでいけ!アレで。何ごとも練習たい
・囚人のような生活を送っておりました。でもそこまで嫌だったら辞めればいいだけの話だと思うんですけど^^;
・作新学院ボクシング部キャプテンだった私の登場ですよ(苦笑)

まとめ

作新学院高校の体罰・パワハラ問題についてまとめてきました。

ボクシング部の監督を務める川島弘行氏は、作新のボクシング部を全国1位に導いているので指導力はあるのかもしれませんが、強烈な体罰はよろしくないですね。

部活という性質上、もしかしたら手が出てしまうということもあるのかもしれませんが、そのような指導方法は現代に合ってないですね。

言ってもわからないなら殴る!これは全く問題の解決になりません。
このような部活は全国にたくさんあるとは思いますので、泣き寝入りだけはしないでください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 作新学院 より:

    作新学院ボクシング部監督の川島弘行監督は以前に教師という立場でありなが、生徒と交際し、子供までつくらせて、おろさせたとの噂が有りますが、本当なのですか?本当であれば、なぜ学校の教師を続けられるのでしょうか?もし学校がそれを知っていて隠しているのであれば作新学院て怖ろしい…
    今だマスコミで報道されたボクシング部での川島弘行監督並びに親父の処分も決まっていないみたいですが作新学院て県立とは違い私立なので隠蔽体質が強いのかも!