スポンサーリンク
スポンサーリンク

水戸を侮辱した堀江英夫部長の顔写真や経歴・市民の声がやばい!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

茨城県営業戦略部部長が水戸を侮辱

水戸市の営業戦略部長を務める56歳の堀江英夫さんが、水戸市についてフェイスブックで侮辱したことが報じられています。

事件の詳細はこちら
茨城県の魅力度アップに取り組む同県営業戦略部の堀江英夫部長が、自身のフェイスブックに「水戸はダメだな。死ね!」との書き込みをしていたことが10日、明らかになった。5日夜の書き込みで、約2時間後に削除したという。水戸市は同県の県庁所在地。堀江部長は取材に「当時は酒を飲んで記憶が無く、なぜ書き込んだのか分からない。反省している」と謝罪した。
引用:ヤフーニュースより

県庁所在地を全否定したら茨城県はどうしたらいいのでしょうか?

堀江英夫部長の経歴と顔写真

名前:堀江英夫
年齢:56歳
家族:既婚者・子供の有無は不明
職業:茨城県営業戦略部長

学歴に関しては記載されていませんでしたが、堀江さんは茨城県の営業戦略部の部長を務めているので、茨城県内の有名な大学を出ている可能性が高いですね!

茨城県内の大学で有名どころといえば筑波大学ですね。
他に国立といえば、茨城大学があります。

営業戦略部長にまでなっているので、筑波大学出身なのではないでしょうか?

堀江英夫の営業戦略部の仕事は?

営業戦略部という部署がどんな仕事をしているのか気になった人もいるのではないでしょうか?

具体的な内容に関しては、それぞれの職種や会社によって異なるのかもしれませんが、大枠としては効率よく営業の成績をあげるためのプランを作成する部署になります。

データを元にして、ターゲットを決めたり予算の管理や目標設定などを行い目標達成にむけた取り組みを行うような仕事内容であることが多いです。

メインの仕事はデータの分析や解析からプランを立てるということでしょう!

茨城県の営業戦略ですので、県の魅力をもっとPRしていくことが目的になると思われます。

おそらく堀江英夫部長は、水戸の現状に対する色々なデータを見てそこから戦略を立てようと考えていましたが、うまく行かなかったためストレスが溜まっていたのではないでしょうか?

お酒に酔っていたからといって、心に思ってないことを投稿することはないですよね!
どこか、思う節があったから今回のような投稿をしてしまったのでしょう。

SNS時代は恐ろしいですね..

水戸市民の声がやばい!

・十分アウトな投稿だけどニュースになるほどか?と思ったらまさかの『茨城県の魅力向上に取り組む県営業戦略部』の部長っておいおい…これじゃ晒されたり処分されても仕方ないな
・穿った見方をすれば炎上商法かもしれません。
水戸にスポットが当たっています。
・ダメだと思ったら、良くしようという考えに結びつくかもしれない。だから、別にいいでしょう。
・地元だが。あながち間違ってはない。水戸というか茨城全体腐ってんだろ。ただ、本垢で喋ることではない。
・納豆好きな俺としては水戸をダメと言われると腹が立つなぁ。
・とりあえずお酒のせいにするのやめませんか?ただでさえ飲酒運転も茨城ワーストなのに…
これじゃ今年も再開記録更新ですね(ある意味オイシイというか毎度のネタというか)
・茨城県部長が、水戸をディスるとは
なんでもそうだけど、酔ってて覚えてないは言い訳にもならない
・書き込んでた時は記憶があるはずだからね。しかも記憶がなくなるくらい泥酔するというのもどうなのよ。でも泥酔するとか記憶がなくなるくらい飲んでるなら、もっと支離滅裂だったり、もっとおかしな文章になってなければおかしいんだけどね。酒の所為にして逃げるというのでも、降格ものでしょ。
・お酒を飲もうが、記憶に無かろうが 普段思っているからでるんですよね
・こういう件に対してのコメントを読むと茨城に対してならどんなdisをしてもいいって認識なんだろうな。
例えば福島はクソ、福島県民はダメって書いたら「そんな事ない」といったコメントで溢れるんだろうが、
茨城に変えると賛同するコメントが殆ど
・うまくいかないからストレスがたまって吐き出してしまったんだな。
やった事は良くはないけど、この人に全てを背負わせてなかったか現実を見直してほしい。
ただ処分するだけでは何も変わらずこの人の代わりが増えるだけ
・酒が人をダメにするのではなく、元々その人がダメな人間であるという事を酒が暴く。
昔から云われる「酒は飲んでも呑まれるな」、これ

まとめ

茨城県の営業戦略部長である堀江英夫部長がフェイスブックで水戸市について不謹慎な発言をしたことで炎上しています。

水戸がどんな状態なのかを分析し、改善に乗り出しても結果が出ないなどのストレスでこのように考えているのかもしれませんが、お酒に酔っていたから覚えていないという理由はよくないですね。

別に営業戦略部長だからこのように思ってはいけないということはないので、水戸に対してどのような感情を持っていようと結果さえ出ればなんでもいいのです。

問題なのは、発言内容ではなく行い自体を酒のせいにした堀江部長の人間性ではないでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする