スポンサーリンク
スポンサーリンク

中日の梅津投手が右肩インピンジメントに!どんな怪我で治療法は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

中日の梅津が右肩インピンジメント症候群に

中日の梅酢晃大投手が名古屋市の病院で軽度のインピンジメント症候群だと診断されました!

梅津投手は新人合同自主トレ中に、右肩の違和感を訴えキャッチボールを中止しました。

その後、大事をとって病院を受診するとインピンジメント症候群であると伝えらえたといいます。

野球選手の中でも、特に投手は肩のインピンジメント症候群になる人が非常に多いですね!

では、インピンジメント症候群とはどのような怪我なのでしょうか?

肩のインピンジメントとはどんな怪我?

インピンジメントとは「挟まる・衝突」という意味です。

人間の肩にはたくさんの筋肉や靭帯・腱組織が存在しています。
一般的にはインナーマッスルと呼ばれる細かい筋肉が肩関節を包み込むように存在しています。

肩関節にある上腕二頭筋や三角筋などの大きな筋肉の働きだけでは、上腕骨のスムーズな動きは得られません。
その理由としては、肩関節に滑液包と呼ばれるクッションが存在しており、それがインナーマッスルを肩を動かす際の衝撃から守る役割をしているのです!

特に投手は、投球時に大きな衝撃が肩にかかるので滑液包の役割は重要になってきます。

インピンジメント症候群とは、肩を動かすときにインナーマッスルや滑液包などが肩関節で衝突したり、挟まる事で痛みが発生し動かせなくなるものになります。

今回の梅津選手のように野球選手の方に多かったり、一般的には五十肩の原因になったりすると言われています。

肩のインピンジメントに対する治療法

基本的には、保存療法といって痛みが強い炎症期には無理に動かすことはせずに三角巾などで固定する方法が選択されます。

その他には、痛みの軽減のために鎮痛剤などの局所注射が行われます。

野球選手の場合は、安静や鎮痛剤のみならず理学療法などが選択され、肩だけでなく足や体幹部の調整にて痛みを軽減してパフォーマンスの向上を図っていく場合が多いです。

よくありがちなパターンとしては、インピンジメントが起こっている側の足にうまく体重をかけられなくなることです。
これが起こると肩を動かそうとしたときの全身のバランスが崩れることで、肩関節自体の関節の動きが保たれずインピンジメント症候群からの復帰が遅れてしまうのです!

梅津選手の右インピンジメント症候群というのは肩の怪我ですが、実際は足や体幹といった肩以外の部分への治療も必要となる場合が多いのです。

これはインピンジメント症候群だけでなく五十肩にも言えることであり、もしあなたが五十肩に悩んでいて治療が肩ばかりの場合は治療を受けている病院や接骨院を変えることをオススメします!

世間の声は?

・これは…どういう怪我?
梅津くんはもともと素材型で時間がかかるとは言われてたからゆっくりと育ててほしいな
・ドラゴンズドラ2梅津投手が
インピンジメント症候群と診断
入団早々での怪我で心配ですが焦らず
まず確実に治しましょう。
今日の中日スポ1面根尾丼、根尾選手を1面にすると売り上げ伸びるのかな?
他の選手も話題振り撒いて盛り上げて下さい
・梅津の怪我、別にほっときゃ治るやん、解散
・大野も入団前は怪我持ち物件って感じだったらしいから梅津くんもノースロー調整やってれば治るんとちゃう?というか治って
・梅津くん推しの皆様
安心してください
怪我で落ち込んでる梅津くんのとなりで根尾くんが優しく励まし
一夜を共にするはずですので
明日にはきっと元気になるでしょう
・梅津の怪我、悪化したらかなりヤバそうですね。
1年目から発見できたのは良かったし、時間かけて治療してもらえれば。
そもそも治療して治るものなのかどうかも情報見てると怪しそうですが…
・梅津の怪我調べてみたけど、野球選手などの肩の動きが多いスポーツで起こりやすい怪我らしい。
原因は肩の動きの悪さとか体の硬さ、筋肉バランスとか色々あるとのこと。
とにかく安静してリハビリに専念してほしいね

まとめ

梅津選手の右インピンジメント症候群のメカニズムや治療法について解説してきました。

肩のインピンジメント症候群の治療には、肩だけの問題ではなく全身の問題が大きく影響してきているということがわかっています。

人間の身体というのは全身が密接に関わっており、肩が痛いからといって肩だけに問題があるということはほぼないでしょう。

人間の体は非常に複雑にできており、素晴らしいバランスの上に成り立っているのです!

何よりも、早い時期に見つかってよかったですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする