スポンサーリンク
スポンサーリンク

チケット転売を検出するBMPの効果とボット対策の仕組みが凄い!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

エルレガーデンのライブチケットを8万で転売した30代男性が逮捕された事で、有名になったアカマイのBMPの効果や仕組みついて解説していきます!

チケット転売目的による買い占め問題

皆さんも好きなアーティストのライブなどに行くときにチケットを買いますよね!

今はネット上で購入することができるので便利になりましたが、その反面で人気のアーティストなどではチケットを入手して高く転売しようとする人達が非常に増えているのも事実です。

会員数1100万人を超える業界最大級のチケット販売をおこなっている『e+』でも同様の問題に悩まされていました。

e+側からすると、ライブを行うアーティストのファンがチケットを買うことができないばかりか、チケット販売を委託するイベント主催者側からの信頼を損なってしまうのです。

買い占めを行う転売ヤーたちもボットなどのテクノロジーを使うことで、買い占めの手法が高度化しており、その対策が叫ばれていました!

アカマイのBMPで転売対策

転売ヤーが暗躍するチケット市場で、e+が頼ったのはテクノロジーの会社である『アカマイ』でした。

アカマイが開発した”ふるまい”を検知・制御する『Bot Manager Premier』をチケット転売目的の悪質なボットを撃退するために導入したのです!!!

導入後、最初の先行販売チケットの発売日に30分間のアクセスログを分析したところ、チケット購入者のアクセスのうち9割以上が転売目的のボットだったと言います!

9割がボットって凄すぎませんか?

この現状を目の当たりにしたe+は目に見えて導入効果を実感できたと話しています。

チケット予約の9割以上がボットって相当やばい状態ですよね!

アカマイのBMPを導入したe+は、転売目的のアクセスの検知・ブロックに加え、「正規ユーザーのアクセスへの影響とユーザービリティの維持」「システムの安定性」「導入や運用が容易」という点を評価しています。

BMPのボット対策の効果と仕組みとは?

アカマイが開発した転売目的のボット対策のBMPの効果について簡単にまとめていきます。

●転売目的のボットの検知とブロック
以前のテクノロジーでは、技術の進化により難解文字などのセキュリティーも自動で突破できてしまう技術が普及してしまったため、ボットの対策は従来の方法ではできなかったのです。
しかし、アカマイが開発したBMPであればこれを可能にします!
下記でBMPのボット対策の仕組みついて解説します。
●正規ユーザのアクセスへの影響とユーザビリティの維持
BMPの検知・ブロックが、正規ユーザーにも影響を与えるのではないかという懸念を抱いていましたが、ユーザーからの問い合わせは1件もなかったそうです。
また、難読文字のようにユーザー側に面倒な操作を求めることがないためユーザビリティも高くなっています。
●システムの安定性
BMPは導入後も一度も止まることなく稼働を続けており、その安定性に信頼をおける。
●導入、運用の容易性
BMPのボット判定機能や制御はCDN側で実装されるため、オリジンとなるサイト上でのシステム改修の手間が不要。

BMPのボット対策の仕組みについてはこちらの図を参照ください。


引用:マイナビより

ざっくり説明すると、アクセス上での「加速度センサー」「キー入力」「タッチやマウスの動き」から不自然なふるまいを検知しているということですね!

すごい時代になりました。
チケットの転売ヤーが稼げる時代も終了だっ!!!

転売に対する世間の声は?

・早く、転売を処罰する法律を作ってほしい!
できるまでは、こういう風に罪にしてほしい
・素晴らしい!もっと拍車をかけて!!!
・ブラボー!転売なくなれ!
・ファンクラブがしっかり機能しているアーティストさんだと、本人認証チケットなので転売できないシステムになってますよね。
・どんどん取り締まってくれ。ネット取引出禁くらいの罰を与えてやれ
・こういうのはどんどん摘発して欲しいね
・転売って言葉より最近せどりって言葉の方が目につく気がしますわ。
稼げる副業!せどりの方法公開します!とかネット広告出してる輩が多いから実行犯より先にそいつらから…
・4,500円を80,000円で販売するなんて頭ぶっ飛びすぎだろwwwwwwww
17枚のうち1枚だけ売れたとしてもそれでも利益があるから、値段設定した奴キメすぎだわ
・まったく関係ない疑問をひとつ。
例えば、僕があるアーティストの熱狂的なアンチで、ライブをだいなしにするために全ての席を買い占めたとする。その結果、ライブの参加者はゼロになった。
その時の僕は「自分が買ったものをどうするかは自由」と主張した。
この場合どのような批判がくるのだろうか。
・転売屋を詐欺罪で立件。全国にこの流れを広げてほしい。チケット買い占め高額転売を撲滅!

まとめ

転売ヤーが大量発生しているチケット販売業界に、アカマイが開発したボット対策のBMPが大きなインパクトを与えました。

エルレガーデンのライブチケットを8万円で転売した男性が逮捕されましたが、これがチケット転売での逮捕は9件目です。

前例では懲役2年以上の罰を受けているので、チケット転売はかなりリスクの高いビジネスとなっていると言えるでしょう!

BMP導入前は難解文字などで対策をしていましたが、現在はそれでも対応できない状態になってしまっていました。

BMPの登場により大きな効果を得ることができましたが、おそらく以前のように転売側もテクノロジーの進化により対策をしてくると思われます!

今後のアカマイBMPの進化にも注目していきましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする