浦安で大学生がひき逃げ事故の被害

千葉の浦安で悲惨なひき逃げ事故が発生しました。

こちらが事故の詳細です。
2日午後11時45分頃、浦安市富岡の国道357号で、軽乗用車が、さいたま市緑区馬場、大学1年梓あずさ隼輔さん(18)のバイクに追突、梓さんを車体の下に巻き込んだまま約1キロ離れた市道まで走行し、逃走した。

ひき逃げをされた梓さんは搬送先の病院で息を引き取りました。

浦安署は目撃情報などを基に軽乗用車を特定し、3日夜、東京都江戸川区中葛西、内装工内藤健一容疑者(49)を自動車運転死傷行為処罰法違反(危険運転致死)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで逮捕した。

同署の発表によると、内藤容疑者は酒に酔った状態で運転していた疑いがあり、追突後、梓さんを引きずりながらUターンや蛇行運転を繰り返したとみられる。千葉市内の実家から帰宅する途中だったといい、調べに対し、「実家で缶酎ハイを飲んだ。ぶつかって気が動転した」と話している。

追突事故は見通しの良い片側2車線の直線区間で発生。梓さんは別のバイクに乗った友人とツーリング中だった。

また飲酒運転です。
クソの極みの事故ですね...

どうしてこういった事故はなくならないのでしょうか..
ひき逃げ犯の内藤健一容疑者について調べていきましょう!

 

内藤健一の顔画像や職業

浦安で大学生をひき逃げしたとされる内藤健一容疑者については、SNSなどをチェックしましたが、確実に特定できる情報がなかったので顔画像の公開は控えさせていただきます。

今後正確な情報筋から特定されれば追記していきます。

 

ひき逃げ犯の内藤健一容疑者の職業は内装工だそうです。
警察の発表によると、内藤健一容疑者は酒に酔った状態で運転しており事故を起こした後に、大学生をひきづりながら蛇行運転やUターンなどを繰り返したと見られています。

取り調べに対して、「実家で缶チュウハイを飲んだ」「ぶつかって気が動転した」などと供述しています。

 

飲酒運転とかクソの極みですね!
事故もたくさんありますし、罰則が厳しくなっているにも関わらず、まだこのような奴が存在しているんですか...

悲しい事故ですね。

 

浦安のひき逃げの事故現場

内藤健一容疑者が飲酒運転で、大学生を1kmも引きづった事故ですが、現場は千葉県浦安市富岡4丁目の国道357号と見られています。

 

詳しい場所はここになります。

ぱっと見では見通しも良く、事故が起こりそうな感じはしませんが内藤健一容疑者は飲酒運転だったので、交通ルールを守っていたのかも怪しいですね..

 

世間の声は?

・何故?どうして?こんな事が…悲惨だよ(´;ω;`)
・ご冥福をお祈りします。
しかし、巻き込んだままUターンや左折したってことは確信犯になるんじゃあ・・・。
異変あったら普通止まって確かめると思うんだけど。
・車に人が引っかかっていたことも気づかなかったんかな。逃走せずにその場で警察と救急車を呼んでいれば、もしかしたら助かったかもしれんのに。加害者の罪の重さも違ってきたかもな。
・新年早々危険運転ですか···
どうせまたヌルい判決なんだろうな、大学生のご冥福を祈ります···
・正月だからな。飲酒運転で逃げたんだろうな。
・ぶつかった時点で救急車よんでたら、大学生は助かっていたかもしれないのに。この犯人も同じように引きずればいい。犯人は飲酒運転で逃げたのか?
・きっと飲酒です。
飲酒による危険運転致死よりも、ひき逃げによる刑罰を重くするべきです。でないと「飲んだのがバレなければ刑が軽くなる」という都市伝説を払拭出来ない。

 

まとめ

新年から非常に悲しい事故が起こってしまいました。

被害にあった大学生はまだ18歳です。
これから人生楽しくなっていくというタイミングで、こんな事故に巻き込まれてしまうなんて。

ただのひき逃げではなく、飲酒運転でのひき逃げで被害者は1kmも引きづられています...

このようなクソな事故が起こらないように、飲酒運転はくれぐれもやめましょう!