スポンサーリンク
スポンサーリンク

韓国軍のレーダーは救助後だった?動画公開で暴かれた嘘と韓国メディア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

韓国軍の火器管制レーダーは救助後

韓国軍が日本海上で海上自衛隊のP1哨戒機に火器管制レーダーを照射した問題を巡って新たな情報が入ってきました。

なんと、北朝鮮の漁船を捜索していたため『火器管制レーダー』を使用したと主張していた韓国軍でしたが、日本側が公開した動画により火器管制レーダーを照射したのは”救助後”であったことが判明しました!!!

うーん。
完全に韓国側の主張が矛盾していますよね…

この事件の詳細はこちらから!

日本側の動画公開で暴かれた韓国軍の嘘

今回の日本の映像公開により、韓国側の数々の嘘が暴かれてきました。

これまでの韓国軍の主張は
・レーダーを照射した事実はない
・通常任務を行っていただけだ
・北朝鮮の遭難船舶を探していただけ
・遭難した船を探すためにレーダーは使ったが火器管制レーダーは使っていない
・天候が悪かったから火器管制レーダーも使った
・日本の自衛隊機が威嚇したのでレーダーを照射し続けた

このように、コロコロと主張が変わっています。
とても国と国の話し合いとは思えないほど、いろいろな嘘をついています。

日本側としては、最近の日韓関係を考えて穏便に済ませたいという意図があったと思いますが、韓国側が嘘の主徴を続けたため動画の公開に踏み切ったのでしょう。

あまりにも、韓国の主張が強くなってくると報道の方向性によっては国民から自衛隊への不信感が強まってしまうからでしょう!

日本側の気遣いを不意にしてしまった、韓国軍は自滅ですね…
これだけ嘘ばかり話していては国際社会から信用されなくなってしまうので、今後は気をつけてもらいたいところです。

韓国軍のレーダー照射の映像を公開

日本政府は、今回の事件に関しての決定的な証拠となる映像を公開できる準備を整えていると言います。

日本政府としては、海自が適切な行動をとったことを国民に知ってもらいという意図があるようです。

映像に対して、わかりやすいように字幕が付き次第公開するとのことです!
動画が公開され次第、追記していきます。

・各局ワイドショーでもこの問題は取り上げられています。
これまでの経緯などがまとめて紹介されていますので、ご覧になると分かりやすいと思います。

こちらが12月28日に公開されたレーダー照射映像の動画になります!

韓国メディアの報道では?

今回の動画公開により韓国のメディアでの動きも風向きが変わってきました。
韓国メディアでも、韓国側の対応に落ち度があったという見方が出始めています!

「精密調査のためにSTIR-180を稼動しようとした場合、レーダービーム放射方向の前方にある航空機が脅威を感じないように、事前にこれを日本側に通報すべきだった。特に能登半島上空は、日本はもちろん、同盟国である米軍、カナダ、ニュージーランドなど友好国の海上哨戒機が東海(日本名:日本海)の哨戒飛行に投入されるなど、頻繁に出入りする空域だ。日本本土に近い海域で射撃統制レーダーを照射しながらCUES(Code for Unplanned Encounters at Sea=海上での偶発的な衝突を回避するための行動基準)規定を遵守していないのは、広開土大王艦の明らかな失策だ」

さらに、「日本防衛省関係者の主張通り、今回の事件は、韓国側がミスを認めて謝罪すれば、きちんと解決される問題であった」などとして、韓国側の「威嚇飛行をしたのは、むしろ日本の海上哨戒機」といった反論が、さらに事態をこじれさせたことを指摘した。
引用:韓国メディア

2019年1月4日に韓国側から映像が公開されました!

この映像がかなりやばいので詳細をご覧ください。

世間の声は?

・韓国軍が落ち度を認めれば済むという問題ではない。
低空飛行をして威嚇したとか、光学カメラを使っただけとか、明らかに日本側を陥れようとしている。日本側がもし証拠が無ければとの策略だったが、日本側にロックオンを感知した証拠が残っていたから、この落ち度という発言に成った
だけだろう。

・日本の指摘に対して理論的に対応していれば年内には収束していた問題だと思う。
韓国政府の対応を見ると、非を認めると立場が下がる、こちらに非があってもとりあえず相手の非を責めることで立場の均衡を図る、という特徴的な傾向がよく現れている。
仮に事実が明確になっても全面的に認める事はまず無いし、本質とは無関係な日本側の小さいミスとか指摘して日本側にも過失があったと主張する展開になると思う。

・協議に出向いた外務省はちゃんと詰問したのですかね。
それ前の説明と違いますねとか、また新しい回答が出てきましたねとか。まさかお互いに落としどころを話し合っていたんじゃないでしょうね。

・日本側は当初からレーダー照射自体はやむおえない事情も理解するが自衛隊機から状況説明を問い合わせたにもかかわらず無視?無回答!の行為に悪意を感じ取っていた訳じゃないかな?ましてや韓国側からは謝罪どころか、一時は照射を認めながら遭難活動上の行為で何が悪い!との居直り。その後には自衛隊機に威嚇飛行行為があったとの逆ギレ!そのような二転三転の事情説明など信用できる訳もなく。事件の収まりはもう既に不可能では?日本の韓国不信は、深いものになりました。

・最初はそのような事実は無いと言い、次にレーダーを使用した事実は無いと言い、現場海域で通常の任務を行っていただけからの、実は北の遭難船舶を捜索していたに変わり、北の遭難船を探す目的でレーダーを使ったが、FCSは作動させていないと言い、天候が悪かったため全てのレーダーを使った(その日の天気図をみてもどこの天候が悪かったのか)と言い、一瞬だけFCSのビーム上に海自の航空機が偶然入ったと言い、自衛隊機が威嚇してきたのでFCSレーダーを照射し続けたと言う。流石に自分に落ち度はないですと言うには無理がありすぎるだろう

まとめ

韓国軍の火器管制レーダー照射問題で、韓国側の嘘が世界に向けて露呈してしまいました。

完全に韓国側の失策ですね。
早い段階で、ミスを認めて謝罪をすればそれで済んだものを、謎に否定したせいでややこしい状態になってしまいました。

最近では、ただでさえ日韓関係の雲行きが怪しいのに軍関係というデリケートな問題が追加された影響は今後の関係性において不安要素になってしまいましたね。

穏便に済ませてもらいものです…

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする