スポンサーリンク
スポンサーリンク

手のモデルが発症したヘパーデン結節とは?原因や治療法・予防は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

手のモデルがヘパーデン結節を発症

手のモデルとして26年間活躍してきた金子エミさんが『ヘパーデン結節』を発症してしまいました。

ヘパーデン結節とは手が変形していく病気であり、手のモデルである金子エミさんにとっては、まさに『余命宣告』とですよね….

・金子エミさんが、ヘパーデン結節に気づいたきっかけ
初めは指の違和感程度だったのですが、放っておくことで痛みが強くなってしまい物が少し当たっただけで痛みが出たり、痛みで包丁が使えなくなってしまったり日常生活にも支障が出てきてしまったそうです。
まずいと思い、病院を受診すると『ヘパーデン結節』であることが判明したと言います。

手のモデルという仕事上、普段から指を気にしているため早いうちに気づけたのかもしれませんね!

ここからは、ヘパーデン結節について解説していきます!

【画像】ヘパーデン結節とは?

ヘパーデン結節とは、指の第一関節が変形して曲がってしまう原因不明と言われている病気です。

特徴としては、手の第一関節の両脇にコブのようなものができてきます。
名前の由来は、この疾患を見つけた人がヘパーデンさんという方だからだそうです!

ヘパーデン結節の画像がこちら!


痛そうですね…

症状としては、人差し指から小指にかけて第一関節が赤く腫れたり曲がったりしてきます。
何かにぶつけたりすると激痛が走ったり、症状が進んでいくとペットボトルのフタを開けることも痛みで困難になってくるそうです。

なぜ、ヘパーデン結節になってしまうのでしょうか?

ヘパーデン結節の原因は?

現時点では、ヘパーデン結節は原因不明と言われていますが、一般的には40代以降の女性に多く発症すると言われています。

また、手を多く使うような人にも多いそうで遺伝性は証明されていませんが、親がヘパーデン結節を発症している人は注意が必要なんだそうです。

一説には、女性ホルモンとの関係もあると言われています!

今回、ヘパーデン結節を発症した手のモデルの金子エミさんも40代以降です。
また、ダウン症の息子の水泳への遠征のため車を走らせたり、重い荷物を持ったりしていたので、余計に手に負荷がかかったのかもしれません。

手のモデルですので、高負荷のかかる仕事ではないとは思いますが、一定のポーズなどで手の形を固定して写真を撮るので、もしかしたら関節自体には負荷がかかっていたのかもしれません。

ヘパーデン結節の治療や予防は?

ヘパーデン結節の治療には、一般的に安静や投薬・テーピングなどがあります。

これらの保存療法で痛みが改善しなかったり、変形が進むような場合には手術を考えるそうです。
手術の方法としては、手にできたコブを切除したり変形が進まないように固定したりするものがあります!

手のモデルである金子エミさんの場合は、女性ホルモンの影響があるとのことで、豆腐200g、豆乳200ml、納豆1パックを毎日続けたそうです。

これを続けているおかげで、1ヶ月半程度で以前よりも痛みが減ってきたと言います。

ヘパーデン結節の予防に関しては、現時点では明確なものないとされていますが、指へ高負荷をかけないようにすることが予防策だと言われています…

なんだかしょぼい予防策ですね笑
ヘパーデン結節は女性ホルモンとの関係性があり、金子エミさんが大豆製品を接収した事で改善が見られているそうなので、エクオールの量と腸内環境を整えることが重要だと考えられます。

もし、手の痛みがある場合や親がヘパーデン結節を発症している場合は、指への負荷を避けて、大豆製品を積極的に摂取することと腸内環境を良いバランスに保つことを心がけましょう!

腸内環境について詳しくはこちらから!

世間の声は?

まとめ

ヘパーデン結節について原因から治療法・予防まで解説してきました。

ヘパーデン結節は現時点では原因不明と言われている怖い病気です。
今回のケースでは改善傾向となっているようですが、その理由としては手のモデルという仕事のため普通の人よりも『手や指』の違和感に気づくのが早かったので、早期から治療を開始することができたからではないでしょうか?

我慢できないほどの痛みではないため、我慢しすぎて変形して「手術するしかない」という状況に陥ってしまう人も多いそうです。

もし、指や手に違和感があり第一関節にコブのようなものが出てきたら早めに受診しましょう!

何事も、早期発見早期治療です!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする