スポンサーリンク
スポンサーリンク

女児が歯科麻酔の被害に!福岡の歯科医院はどこ?誤診の院長の名前は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

女児が歯科麻酔の被害で命を落とした事件

福岡県の歯科医院で、2017年の夏に歯の治療に訪れた2歳の女の子の容体が急変し命を落としてしまった事故がありました。

司法解剖の結果、女児が命を落とした原因は局所麻酔薬であるリドカインの中毒による低酸素脳症であることが判明しました。

女児の歯肉には、広い範囲の出血が確認されたため誤って血管に局所麻酔を打った可能性があるとみて、捜査していたそうです。

実際の歯科治療では、リドカインによる局所麻酔を受けた後にラバーダム防湿を使用し、1時間の虫歯の治療をしています。
治療後は、女児の身体は硬直し目の焦点があっていなかったそうです。

それを見た歯科医院の院長は「よくあることです」とだけ話し、休むように促し診察はしませんでした…

その数十分後に、激しい痙攣を起こして救急搬送されましたが、2日後に命を落としてしまいました。

事件があった福岡の歯科医院や院長は?

気になるのは、事故が起こった歯科医院や院長についてですよね。

ネット上の情報によると、福岡県春日市にある『にこにこ小児歯科』と言われています。

グーグルの口コミがえらいことになっています…
完全に炎上しています。

院長の顔写真や名前も判明していますが、一般人ですので公表は控えておきます!

気になる方は、『にこにこ小児歯科』で検索してみてください。

現在の、にこにこ小児歯科についてはこちらから!

小児へのラダーダム防湿は悪?

この医療事故が明らかになった事で、連日歯科麻酔についての報道がされていました!

コメンテーターとして、歯科医師が登場し第三者的な立場から「ラバーダム防湿は小児には使わない」というコメントをした事で、世間では炎上騒ぎになりました。

これに対し、日本小児歯科学会がウェブ上で「誤った発言は小児歯科医療に専念している小児歯科専門医にとって迷惑である」と抗議のコメントを出しました。

さらに、テレビのワイドショーでは実際に事件を起こした歯科医師の事を、小児歯科専門医ではなかったのですが、報道時に『担当医の院長は小児歯科専門医である』と誤った情報を流していました。

テレビはあてになりませんねw

※ラバーダム防湿とは口を覆うゴムの事です。


こんなものです!
使われたことがある人もいるのではないでしょうか?

まとめ

歯科治療で命を落としてしまう可能性があるなんて非常に驚くべきことですよね。

原因としては、「麻酔によるものである」という意見や「ラバーダム防湿による窒息だ」などいくつか意見が上がっています。

今回のケースでは、身体を拘束して治療をしていたと言いますので、もしかしたらラバーダム防湿で窒息してしまった可能性はありますよね。

恐ろしい事件です…

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする