なぜ西野カナが活動休止?その理由や再開時期・最後のライブはいつ?

平手友梨奈が仙腸関節痛で活動休止

12月21日の公式サイトでこのように告知されました。

「この度、以前から身体の調子が優れない状態が続き、改めて精密検査を受けたところ、腰部打撲・左仙腸関節捻挫による仙腸関節不安定症、両手関節捻挫による遠位橈尺(とうしゃく)関節の診断を受けました」と説明しています。
ダンスパフォーマンスができない状況のため「しばらく治療に専念する事にいたしました。一刻も早く万全の状態で欅坂46として活動を再開できるように努めてまいります」と発表した。
なお、ダンスパフォーマンスを伴わない一部活動に関しては「無理のない範囲で続けさせていただきます」とし、「ファンの皆さま、関係者の皆さまにはご心配、ご迷惑をおかけいたしますが、なにとぞご理解を賜りますようお願い申し上げます」と呼びかけています。

引用:公式サイト

ボロボロで心配ですね...
今回は、仙腸関節捻挫と不安定症について解説していきます!

 

仙腸関節不安定症の原因や治療法

平手友梨奈さんが発症した、仙腸関節捻挫による仙腸関節不安定症とは体の土台である骨盤と柱である背骨を繋ぐ関節です。

仙腸関節不安定性の原因は、今回のケースでは仙腸関節捻挫によるものとされています。
おそらく、激しいダンスの練習で仙腸関節に負荷がかかり捻挫してしまったのだと思われます。

 

欅坂のダンスでは「ねじれ(回旋系)」の動きが多いように思われるので、余計に仙腸関節に負荷がかかったのでしょう!

本来であれば、ねじれ(回旋系)の動きは、足首や股関節、脊柱、胸郭などで衝撃を抑えてくれるのですが、もしこれらの部分の動きが悪い場合、仙腸関節にねじれ(回旋系)のストレスがかかり捻挫をしてしまうのです。

平手友梨奈さんは、もしかしたら股関節の回旋系の動きが硬いのかもしれませんね!

 

仙腸関節不安定症の治療方法に関しては、西洋医学的には安静やゴムベルトによる骨盤の固定などの方法があります。
外科的には手術をして固定するケースもありますが、平手さんの場合は手術の可能性は低いでしょう。

明確なエビデンスが出ている治療法はないですが、固定と安静だけではもし痛みが引いても、再発することは必須です。

然るべき場所で、きちんと治療を受けていることを願うばかりですね!

 

平手友梨奈の復帰時期は?

仙腸関節捻挫と仙腸関節不安定症を併発し、活動休止となっている平手友梨奈さんですが、復帰時期はいつごろになるのでしょうか?

仙腸関節不安定症という診断名を聞いたことがある人はそんなに多くないと思いますが、仙腸関節は骨盤と背骨をつなぐ関節のため非常に重要な関節です。

もしここが不安定だと、動き全てに問題が発生してしまいます。

 

激しいダンスをするのであれば、かなりの負荷がこの関節にかかるのです。
活動休止にてダンスを制限するとはいえ、一般の人が仙腸関節捻挫や不安定症となると、かなり長い期間の治療求められるケースが多いです。

参考までに仙腸関節に問題を抱えていた人のツイートをご紹介します。

この方々のように5ヶ月かかった、や完治は無理だと言われたなど色々な意見がありますが、完治の期間には個人差があるので一概にどのくらいとは言えないのが仙腸関節の障害の特徴です。

医者によっても治療方針が異なりますし、患者自身の動作習慣や不安定性の度合いによっても変化するものです。
平手友梨奈さんの年齢を考慮すると半年くらいかければ完治するのではないでしょうか?

動けるようになるまでは、3ヶ月程度で十分だとは思いますが、ダンスパフォーマンスが激しめなので再発を防止するようにトレーニングまで組み込むことを考えると、復帰時期は半年が妥当だと思われます。

 

世間の声は?

まとめ

平手友梨奈さんの仙腸関節不安定症についてまとめてきました。

他の人の例にあったように、かなり長い期間の治療を要するケースが多いのが仙腸関節周囲の障害です。

平手友梨奈さんは、まだ若いので完治までの期間にそこまで時間がかからないかもしれませんが、治ったと思っても動きまで修正ができていないと再発するリスクが非常に高いというのも怖いところです。

仙腸関節痛が起こると、動きが鈍くなりますしダイナミックなパフォーマンスは困難です。
そんな状態でも、ダンスパフォーマンスをしていた平手友梨奈さんは凄まじいですね!

さっさと治して復帰してもらうのを待ちましょう。