スポンサーリンク
スポンサーリンク

三遊亭小円朝の訃報の原因はインフルエンザ?経歴や功績について!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

三遊亭小円朝の訃報

今回の三遊亭小円朝さんの訃報の詳細はこちら

落語家の三遊亭小円朝(さんゆうてい・こえんちょう、本名・高橋秀帆=たかはし・ひでほ=)氏が15日、肺炎で死去した。49歳だった。告別式は近親者で行う。喪主は妻、好(よしみ)さん。

父親も落語家(三代目三遊亭円之助)で、1996年、三遊亭円橘に入門。2005年に真打ち昇進して四代目小円朝を襲名した。

49歳で命を落としてしまうなんて、「まさか」ですよね。
落語家の49歳は、これから腕も熟達してきて楽しい時期だと思いますので、本人が一番やりきれないでしょう。

落語家は還暦を過ぎないと味が出ないと言われているくらいですから。
落語界は惜しい人を失ってしまいました…

三遊亭小円朝の訃報の原因はインフルエンザ

三遊亭小円朝さんは、発表によると肺炎により命を落としてしまったようですが、実は今年の12月にインフルエンザにかかっていたそうです。

あまり聞かないですが、実は三遊亭小円朝さんはインフルエンザが原因となり肺炎になってしまったそうです。

入院の告知は12月6日のことでしたので、それから10日経たないうちに今回の訃報ということになってしまいました。

年齢は49歳と若いので、インフルエンザから肺炎になって命を落とすとは考えにくいですよね。
何か他の感染症にかかっていたのではないでしょうか?

入院していた病院の処置は適切だったのか?と疑問が湧いてきてしまいます…

何よりも、インフルエンザってそんなに恐ろしい病気だったのかと改めて実感しますね。

皆さんも注意してください!

三遊亭小円朝の経歴や功績

名前:三遊亭小円朝
本名:高橋秀帆
年齢:1969年6月16日 49歳
出身:東京都
職業:落語家
所属:円楽一門会
学歴;代々木高校中退

三遊亭小円朝さんは、父が三台目三遊亭園之助、母方の祖母と祖父は漫才師という芸能一家に生まれています。

三遊亭小円朝さんは高校時代に、父を無くしたことで高校を中退し運送会社などでサラリーマンをしていたそうです!

この時は、芸の道は厳しく食っていくのは大変だと思っていたそうです。

しかし、親御さんが芸界の人間だったこともあり、自身もその夢を諦めきれずに1992年に入門しています。
その後、2年で破門され落語会から退きますが、1996年に三遊亭会に再入門しています。

そして、2005年に父の師匠の名前である、三遊亭小円朝を襲名しています!

父の師匠の名前を襲名するってかっこいいですね。最高の親孝行かもしれませんね!!!

世間の声は?

まとめ

三遊亭小円朝が肺炎で命を落とされたことは非常に悲しいことです。
周囲の人からしたら、まだ49歳という若さなので、『なぜ?』という思いが強いでしょう。

肺炎のきっかけがインフルエンザということで、寝耳に水という人も多いのではないでしょうか?

49歳の男性がインフルエンザから肺炎になるというケースは、あまり聞いたことがありませんよね。

病院でどのような処置がされたのかは、不明ですがご冥福をお祈りします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする