最近何かと話題の『腸』の話と代謝や体質の真実を知っていますか?

Misono夫が胚細胞腫瘍に!

先日、misonoの夫であるドラマーのNOSUKEさんが、精巣がんで闘病していることをブログで発表しました。

misonoさんの夫であるNOSUKEさんは、現在29歳にも関わらず精巣がんによる『胚細胞腫瘍』という病気を発症してしまいました。

若くしてがんを発症したこともありますが、SNSを中心にネットを騒がせているのは、misonoさんの夫であるNOSUKEの患った腫瘍の大きさが、15cmと巨大だったからです。

 

通常のがんは1〜2cm程度で発見されることが多いのですが、まさか15cmとは...
NOSUKEさんの精巣がんのステージは正式に発表されていませんが、15cmという腫瘍の大きさからステージ4であることが予想されています。

 

misonoさんの夫であるNOSUKEさんの余命についてはこちらから!

[blogcard url="https://mazemazeinfo.work/post-4331"]

 

個人的には、この闘病の公表に対して批判的なコメントをする人がいることに衝撃を受けました。

[blogcard url="https://mazemazeinfo.work/post-4364"]

 

精巣がんによる胚細胞腫瘍

misonoの夫であるNOSUKEさんが発症した、胚細胞腫瘍とは生殖器・胸の中・お腹の中・脳などに発症しやすい悪性腫瘍の1つです。

胚細胞腫瘍由来の細胞は、赤ちゃんの時期にいろいろな内臓に変身できる能力を持った原始胚細胞という細胞が悪性腫瘍になってしまったものと考えられています。

簡単に言うと、どんな内臓にも変身できる万能細胞の『原始胚細胞』が、悪性の腫瘍になってしまったということです。

 

好発年齢は、10歳〜30歳代と言われており、小児の時期に発生する場合は、生殖器以外の場所から発生するそうです!

青年期に胚細胞性腫瘍が発生する場合は、男性の精巣での発生が9割以上を占めているそうです!

ちなみに、この理由や原因は不明だそうです。

男性の胚細胞腫瘍は、年間10万人あたり1〜3人程度の発症が報告されており、比較的稀な腫瘍とだそうです。

 

精巣がんの予防方法や原因は?

上記でも解説しましたが、現時点では原因は分かっていません。
ですので、精巣がんの予防方法は西洋医学的には早期発見のために検査を受けるということになります!

ただ、西洋医学以外にも東洋医学や代替医学など色々な医学が存在しますので、そちらの立場から精巣がんの予防について考えていきます。

そもそも、がん細胞とは低体温・低酸素の環境下で活性化すると言われています。

つまり、全員の体温を高く保ち、良い血液の循環を保つことで全身の細胞を綺麗な状態にすれば、ガン細胞が活性化するリスクは軽減できると考えられます。

 

そのためには、腸内環境を正常に保ち、基礎代謝を高めていく必要があります。

腸内環境を正常に保つには、できるだけ添加物を避けて腸内細菌のバランスを整えなければいけません。
日本人の腸内環境は最悪な状態ですので、善玉菌を増やすためには意図的に食物繊維やオリゴ糖を摂取することをオススメします!

善玉菌のサプリは非常にたくさん販売されているのですが、中には全く効果がないものも多いです。

 

ですので、必ず初回無料や返金キャンペーンの付いているサプリを選んでください!
どれがいいか分からない人のために、こちらにリンクを貼っておきますので確認してみてください。

リンク先のサプリは、初回無料ですので気軽に試せますよ!

 

ちなみに、善玉菌が増加し腸内環境が整ってくると、痩せにくい体が不思議と痩せてくるという嬉しい効果もありますよ。

 

まとめ

misonoさんの夫が発症した、精巣がんによる胚細胞腫瘍について予防方法から原因までまとめてきました。

胚細胞性腫瘍は好発年齢が10〜30歳代という若い年齢のため、進行が非常に早いと言われています。
だからこそ、NOSUKEさんが胚細胞性腫瘍を発見した時には15cmというサイズになっていたのかもしれません。

現在の西洋医学では、有効な予防策はないため早期発見こそが最大の予防という状態です!

早期発見には、精巣の胚細胞性腫瘍は痛みを伴わないため、陰嚢や精巣の腫れの有無を確認する他ありません!

もし、違和感を感じたらすぐさま病院の泌尿器科へ行きましょう。
ちなみに女性の場合は、卵巣に胚細胞性腫瘍ができるようで、下腹部痛が早期発見の鍵になるそうです!

皆さんも気をつけてください。