誤販売のソウシハギを食べた人物が発覚!健康状態が良好な理由とは?

ソウシハギの誤販売

三重県大台町のスーパー『味彩館キッチン海ものがたり』で11日のAM10時〜PM2時までの間にソウシハギが2匹販売されていました。

そのうち1匹のソウシハギが行方不明となっていましたが、12日夜にその1匹の行方が分かったそうです!

なんと、このスーパーでソウシハギを購入した人は、ソウシハギを食べてしまったそうなんです!!!
ソウシハギの毒は非常に強力なことで有名です。
なんと、フグの毒よりも強い毒を持っていると言われています...

そんなものもが、近所のスーパーに売っているなんて思いもしませんよね!
怖すぎるぜ三重のスーパー!!!

ちなみに、今回問題となったスーパー『味彩館キッチン海ものがたり』はこちらの場所にあります。

周囲には他にスーパーがなさそうですので、この近所の住民の方たちはここに来て食料品を買っているんでしょうね!
そんな身近なスーパーから猛毒の魚が...
気をつけて欲しいですね!

 

誤販売されたソウシハギを食べた人物とは?

三重県で問題となっていたソウシハギの誤販売問題ですが、行方不明になっていた1匹分の購入者が特定されたようです!

店側が購入者から連絡を受けて、面会をしたところ健康状態には問題がない様子だったそうです!

購入した人物の性別や名前などは明らかになっていません。

ソウシハギはフグの毒を超える、パトリキシン毒を保有しているため一度食べると、最悪の場合は命に関わる危険性もある非常に危険な魚なのです!

 

しかし、購入者はこのスーパーで購入したソウシハギを食べたと話しており、健康状態にも問題がないとのことです。

一体、なぜこの人物はソウシハギを食べても健康被害を受けなかったのでしょうか?

ソウシハギを食べても健康な理由とは?

三重のスーパーで誤って販売されていた、フグよりも強い毒性を持つソウシハギですが、なんとソウシハギを食べてしまった人が申し出てきたそうです!

ソウシハギが誤販売されたスーパーに連絡があり、店側が本人と面開したところ「この魚を食べた」と話しているそうです。

猛毒を持つソウシハギですが、なぜこの人物はソウシハギを食べても健康に問題がなかったのでしょうか?

実は、ソウシハギはフグのように”内臓”にパトリキシン毒というものを持っているのです!
沖縄などでは、ソウシハギは普通に食用の魚として親しまれています。

つまり、フグのように内臓の処理さえできれば、ソウシハギも問題なく食べることは可能なのです!

ソウシハギを食べたと申し出た人物が、ソウシハギを食べても健康状態に問題がなかったのは、内臓をうまく処理できていたからではないでしょうか?
どちらにせよ、食べた人が無事で良かったですよね。

 

こちらで、簡単なソウシハギの見分け方を解説しているので興味のある方はどうぞ!

[blogcard url="https://mazemazeinfo.work/post-4206"]

まとめ

三重県のスーパーで、カワハギとソウシハギを間違えて販売してしまった事件が発生し、流出先が捜索されていました。

先日の夜に、ソウシハギを買って食べたという連絡がスーパーに入ったそうです!
食べた人物の健康状態に関しては良好となっているそうですが、処理がたまたま上手くいったのか?元から知識を持っていたのか?は分かりません。

なんにしても、被害者が出なかったのは良かったですね!
ソウシハギは食べると、呼吸困難などで命を落とす危険性があるので見分け方をしっかり学んで危険を避けましょう!