老化の最大の原因について!糖化について

今回は焦げないカラダについて

「糖化」は「酸化」にならんで、老化の主原因とも言われているものです!

 

糖は体を動かすエネルギーの塊ですが
それがタンパク質を焦がして、劣化させていくという問題があります。
最近、流行の糖質オフでは、結果的に油や肉類を摂りすぎて弊害がでます。
完全オフではなく、いかに糖とうまく付き合うかがポイントです。

『糖化の仕組み』

急激に血糖値を上げてしまうような食べ物を摂ると、食べ物に含まれる「糖」が身体のタンパク質と結びついて炎症を起こして老化を早め、身体の構造と機能を損傷する糖化最終生成物「AGEs」をたくさん増やしてしまいます。

AGEsは劣化変性したタンパク質で、これが増えた肌はシワ、たるみ、シミなどが増え、血管や筋肉、骨も硬くなって変性し、アルツハイマー病や骨粗鬆症の原因となるとも言われています。

この現象が「糖化」です。

 

 

もちろん糖は、細胞のエネルギー源なので、炭水化物は不足なく摂らないといけません。

殻類、いも類、果物などに多いですが、現代の食生活では白いご飯、白いパン、白砂糖など精製した「白い炭水化物」が増えています。

 

これらの「白い炭水化物」は、繊維やビタミン、ミネラルが削ぎ落とされているので、素早く分解されて「糖化」の原因になりやすいと言われています。

 

私たちの体の組織はタンパク質でできているし、砂糖には中毒性もあるのでこれは永遠のテーマですね。

 

・・・・糖化度check list・・・・
□ 肌にハリと弾力がない
□ 口角が下がってきた
□ ほうれい線が気になる
□ 頬やあごがたるんできた
□ 肌がゴワゴワして厚く感じる
□ 肌がくすんできた

 

いくつ当てはまりましたか?

全部当てはまってたらかなりやばいですよ〜!

 

 

糖化を減らす!「炭水化物」との向き合い方

生きていくためには糖が必要ですが、それが身体のタンパク質と結びつくと炎症を起こしてAGEsが増えて糖化が進むというのは、私たちが背負う宿命と言えます。

加齢とともにAGEsは増えていき、特に肌のコラーゲン線維にたまったものはなかなか分解されずに肌の弾力を失わせ、シワやたるみを増やします。

 

 

 

糖とどのように向き合うのが良いのでしょうか?

美容や健康のためにも、炭水化物との良い付き合い方をマスターしたい!

 

・炭水化物との付き合い方
ご飯やパン、パスタ、うどんなどの炭水化物は、
分解されると最終的に多くの糖となります。
これらの食材との付き合い方としては、なるべく精製度の低いものを選ぶことです。

 

精製度の低いものの方が、
線維が多く、血糖値を急激に上げないので糖化が進みにくいと言えます。
ご飯であれば、5分づきや7分づき、パスタも分づきのものがありますし、パンも全粒粉のものやライ麦パン、そしてうどんよりも『そば』を選びましょう。

 

 

ただし!

いくら精製度が低くても大量に摂取すると糖化が進みますので、
ダブル炭水化物などは避けましょう。
芋類の中で、最も注意が必要なのは「ジャガイモ」です。
また、高温で揚げると、食品自体のAGEsを増やしてしまいます。

 

つまり...
ポテトフライってめっちゃ やばいっすヨーーーー!!!