ウーマンラッシュアワーのTHE MANZAIでの時事ネタが絶賛の嵐

漫才コンビのウーマンラッシュアワーが9日、フジテレビ系「Cygames THE MANZAI2018 マスターズ」に出演し、昨年に続き沖縄基地問題、原発問題、自然災害を受けた被災地の問題など時事ネタを披露しました。

ネット上では「去年より良かった」などと盛り上がり、瞬く間にトレンドランキングのトップになっています!

どんどんと、ウーマンラッシュアワーのスタイルが視聴者に受け入れられているという事ですね。

村本さんは得意の早口で、「LGBTの人たちにカミングアウトという言葉を使わせている。自分が自分のことを言うのにカミングアウトという言葉を使わせている社会は普通じゃない」「沖縄の海ってだれのもの?日本のもの?アメリカのもの?違う。沖縄県民のものなんです。今こそ沖縄県民の怒りの声に耳を傾けるべき」などと、もはや途中から字幕がないとわからないレベルのスピードでよで次々と社会に対して問題提起をしていました。

ネット上では直後から盛り上がりをみせ、「村本すごい感動」「ネタに感動しました」「面白い すげえなあ」「見終わった後で考えさせられるネタというのは素晴らしい 心に留まっている。映画のようである」「今の社会情勢を訴えていたことに感謝!社会情勢を訴えながら笑いに変える村本さんはすごい」などとほかのコンビとは全く異なる芸風に称賛の声が多く聞かれています。

また、これに対して「説教して終わるのは芸人ではない」「何が言いたいか分からない」と批判的な声も見られています。

漫才に対しては賛否両論という事でしたが、非常にたくさんの人が考えされられる漫才でしたね!

ウーマンラッシュアワーやばい!!!

個人的にはすごく素敵な切り口の漫才だと感じました!

 

【動画】THE MANZAI2018のウーマンラッシュアワーの時事ネタ漫才がやばい

こちらが今回圧巻だった、ウーマンラッシュアワーのネタです!

村本さんは、早口が非常に達者ですね笑
社会風刺を片方の意見に偏らずに絶妙なバランスで話しているあたりが、非常にセンスを感じますね!

最後はきっちりと、笑いで落とすというところも憎いですね〜笑

まとめ

芸人が漫才で社会風刺などをすると、村本さんも漫才で言っていましたが、「お前が言うな」と叩かれてしまいますが、漫才師であっても一人の国民ですから「お前がいうな」はお門違いですよね!

社会の問題に対して、しっかりと勉強しているだけ「お前がいうな」と言っている人よりも、ちゃんとしていると思います。

ウーマンラッシュアワーの漫才で、一人でも多くの人が社会問題に対しての関心を持ってくれることを村本さんは願っているのかもしれませんね!

ただ、スタンドマイクを傾けるのは、気になってしょうがなかったです笑

パラダイスが突っ込むんかと思いきや、そのまま終わってしまったので何だったんだ!という感も否めませんw