警察無線の音声をYouTubeにアップしたYouTuberは誰?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

警察無線の音声がYouTubeにアップ


警察無線の音声がYouTubeにアップロードされていたことが警視庁から発表され話題となっていますね!

警視庁によると、11月中旬にYouTubeをみていた閲覧者から通報を受けて問題の音声を確認したそうです。

普通に考えて、勝手に傍受した警察の音声をYouTubeにアップするとかダメだってわかると思うのですが…

それにしても、警察無線を傍受できるというのは凄いことですね。
それだけ賢いのになぜ…

一体どんな人間が犯人なんでしょうか?
詳しく調べていきましょう!

警察無線の音声をアップしたYouTuberは誰?

現時点では、YouTubeを検索しても、この音声をアップした人物が誰はわからない状態となっています。

動画の名前は、『警察無線 警視庁4方面』ということでしたが、YouTubeで検索しても関連動画しか表示されない状態ですね!

再生回数は4171回となっており、それなりに人目に触れていますね。
おそらく、犯人は逮捕されると思いますので、時間が経過すれば警察無線をYouTubeにアップした愚かな仮面YouTuberは実名と顔が公開されるでしょう!

YouTubeにアップされた音声はどんな内容?逮捕は?

警視庁によると、YouTubeにアップされた内容は動画を解析したところ、平成21年に都内で起きたひき逃げ事件の捜査で通信指令本部とパトカーとの間で、やりとりされたものと見られています。

音声内容としては、事件に関係するとみられる車のナンバーや所有者の名前などの個人情報が含まれていたそうです!

警察無線は暗号化されており、一般人は聞くことができないように対策が取られていますが、なぜ本部とパトカーの間での通信が傍受されていたのかは不明となっています。

おそらく、今回の件でYouTubeに動画をアップした人物は電波法違反で逮捕されることになるでしょう!
Googleへ警察から要請があり、動画が削除されていますのでGoogleから警視庁へアップ主の情報が伝わっているはずです。

世間の声は?

まとめ

警察の無線を傍受し、それをYouTubeにアップするという謎の愚行に出た覆面YouTuber…

名前やチャンネル名は現時点では不明ですが、おそらく電波法違反で逮捕されると思いますので実名などが公開されると思います。

広告収入狙いのアップロードだったのか?
警察無線の脆弱性を訴えたかったのか?理由は分かりませんが、普通の感覚であればいけないことだと気づきそうなものですが….

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿名希望 より:

    通報者です。
    コメントではCDが販売されたと書かれていましたが、真偽は不明です。