自動車税が引き下げへ!減税を受ける条件や開始時期・減税額は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

自動車税が引き下げへ

与党が自動車税の減税案を発表しました!

自動車税の税額が下がるのは、1950年以来初めてのことだそうです。
今後、自動車に関する今の税体制を見直して走行距離や重量などを含めた新たな仕組み作りを進めていく考えだそうです。

今回自動車税の減税に踏み切った理由としては、2019年の10月から始まる消費税の増税に伴う、自動車の販売の落ち込みの対策とも言われています。

自動車税の減税を受ける条件

現時点の方針では、自動車税の減税を受けるための条件としては、2019年の10月に消費税率が引き上がった後に購入した自動車が対象となっています。

つまり、今現在乗っている自動車に関しては自動車税の減税は適応されないということです!

これから、それも2019年の10月移行に新しい車を購入した人が対象ということです!
今車を持っており、今後買う予定のない人にとっては関係のない話ですね。

自動車税減税の開始時期や減税額は?

自動車税の減税対象が、2019年10月以降となっているので、開始時期は来年の10月以降という事になりますね!

結構先の話です。

気になる減税額ですが、排気量が2500cc以下の一般的な乗用車を中心に減税することが発表されています。

減税案の中では、排気量によって減税額が異なります。
排気量1000cc以下  :4500円マイナスで2万5千円
排気量1000〜1500cc:4000円マイナスで3万500円
排気量1500〜2000cc:3500円マイナスで3万6千円
軽自動車に関しては、減税はなしとなっています。

個人あたりで見ると安くなった!とは感じませんが、国全体で考えれば相当な損失になりますよね!

なんと、今回の自動車税減税による総額規模は1300億円にもなるそうです。
この時期に減税して国の収益を下げても大丈夫なのか日本!

この1300億円の財源は、エコカー減税の見直しなどで賄うようです。
エコカーの減税対象車が絞られるわけですね。

当然、エコカー減税の対象を減らす程度では賄えませんので、他にも色々な税金を仕込んでくると思います。そして、国民は気づかないうちに税金で搾取されるというパターンですね笑

世間の声は?

まとめ

自動車税が1950年以来、初めて見直しが検討されているようですね!

60年以上も前の制度を、一度もアップデートせずに今まで使っていたという事実にびっくりしましたが、今後政府は抜本的に見直すと発表していますので、自動車税を含めどのように変化していくのか注目していきましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする