己龍が有吉反省会に!メンバーのプロフィールや人気や結成秘話は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

V系バンド己龍とは?

2度の武道館単独を成功させ、若手のヴィジュアル系バンドの中ではトップクラスの人気を誇るV系バンド己龍!

己龍は、和製ホラーと痛絶ノスタルジックをコンセプトに、徹底した世界観と楽曲が話題のバンドです。

ライブの衣装は、着物を派手にアレンジしたものを使い、曲によっては頭に鬼の角をつけていたりします。
曲は和楽器を使用したり、タイトルや歌詞・ライブ名などには読経など和をテーマにしたものを取り入れているバンドです!

メンバーの中には、ヴィジュアル系だけでなく女形やボカロ好きがいたりと様々なジャンルの音楽性が混ざっており個性的な部分も特徴的です。

己龍のメンバープロフィール

名前:黒崎眞弥(くろさき まひろ)
生誕:10月19日
担当:ヴォーカル
出身:埼玉県
イメージカラーは紫で、己龍では作詞を行なっています。
影響を受けたアーティストは河村隆一だそうです。
名前:酒井参輝(さかい みつき)
生誕:2月24日
担当:ギター(位置は上手)
出身:静岡県浜松市
イメージカラーは赤。ポップな曲は酒井が作詞作曲を担当している。
2次元しか愛せないようで、初音ミクに関しては音楽だけでなく様々な影響を自分に与えていると話しています。
名前:九条武政(くじょう たけまさ)
生誕:8月3日
担当:ギター(位置は下手)
出身:静岡県湖西市
イメージカラーは緑。己龍のリーダーを務めており、ガチャピンをデザインした服をきているためガチャ政と呼ばれている。
2018年から静岡県湖西市のふるさと大使に就任することになりました。
名前:一色日和(いっしき ひより)
生誕:11月1日
担当:ベース
出身:静岡県掛川市
イメージカラーはピンク。女形をしており、横浜市立大学を中退しています。
ラルクに憧れてベースを始めたそうです。
ライブのトークでは滑り芸が達者なため、ヴィジュアル界の浅田真央と呼ばれているそうです笑
名前:遠海准司(とかい じゅんじ)
生誕:1月11日
担当:ドラム
出身:静岡県湖西市
イメージカラーは青。己龍に参加してから作詞と作曲に挑戦しています。
影響を受けたバンドはSIAM SHADEだそうです。
メンバーの九条と同様に静岡県湖西市のふるさと大使に就任しています。

己龍の結成秘話や人気

結成のきっかけは、己龍のメンバーである酒井・九条・遠海が東京でバンドをするために静岡から上京してきたのが始まりです。

その後は、九条の音楽関係の知り合いのツテを頼って、黒崎・一色と出会い、2007年9月に己龍が結成しました。

遠海は、酒井・九条の二人で口説き落として会社をやめてもらったそうです!

己龍のコンセプトは和製ホラーであり、視的コンセプトは痛絶ノスタルジックだそうです。
バンドの特徴も『和製ホラー』であり、バンド名も『KIRYU』でしたが和製がいいと『己龍』という名前に九条が決定したそうです!

今では武道館の単独を成功させたり、楽曲のリリースやライブを積極的に行なっているバンドであり、今後のヴィジュアルバンド界を背負っていくような存在となっています!

ファンの声は?

まとめ

若手ヴィジュアル系バンドである己龍の人気やメンバーについてまとめてきました。

音楽やバンドのテーマに和製がミックスされているのは、非常に面白いですよね!
和楽器なども利用したライブなども行なっているので、今後は海外進出なども視野に入れているのでしょうか?

和楽器を混ぜたライブといえば、Kagrraが有名ですが己龍の今後はどうなるのでしょうか?
注目していきましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする