元徴用工訴訟の三菱重工への賠償金はいくら?日本政府の対応は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

元徴用工訴訟で三菱重工へ賠償金請求

またしても、賠償金請求という判決が言い渡されました。

判決は「日本政府の不法な植民地支配と直結した日本企業の不法行為を前提とした強制動員被害者の請求権は協定の対象外」とした10月30日の大法院判決を踏襲した。被告が主張した消滅時効の成立は「不当で認められない」と判断した。

これで、日本企業への賠償命令の確定は、新日鉄住金に続いて2社目となります。
このような判決が続いている中、韓国政府は「傍観状態」となっており対応策を示していないのが現状です。

韓国政府は年内までに対処方針をまとめるとしていますが、どうなるのでしょうか?

元徴用工の三菱重工への賠償金はいくら?

戦争中に三菱重工で働かされていた韓国人の元徴用工らが賠償請求を求めていた訴訟の上告審判決が、29日に韓国の最高裁で行われました。

その結果、韓国の最高裁は原告らの三菱重工に対する請求権を認め、原告10人に対して、それぞれ807万円〜1514万円を支払うように命じる判決を確定させました!

10人に対しての支払いのため、三菱重工は総額8000万〜1億円の賠償請求をされています。

三菱重工への賠償金請求に対し日本政府の対応は?

日本政府は今回の三菱重工への賠償金請求という、韓国最高裁の判決を受けて、韓国側を批判しています。

1965年の日韓請求権協定で「完全かつ最終的」に解決したというのが、日本政府が韓国側を批判している理由として挙げられています!

最近では、慰安婦合意に基づいて設立された財団の解散などの巡っても日韓で争いが起こっているため日韓関係に緊張感が走っています。

その中での、今回の三菱重工への1億円の賠償金請求となりました!
どうなる!日韓関係!!!

世間の声は?

なかなか激しい意見が多く聞かれますね。

まとめ

元徴用工の訴訟問題で2件目の賠償命令の判決が出てしまいました。

日本政府としては、韓国政府に対し抗議をしていますが、3権分立のため司法に対し政治的な圧力をかけることはできません。

韓国政府は年内に対応策を公表するとのことですが、現時点では「傍観」という状態となっています。
今後の展開はどうなるのでしょうか?

これからも、戦時中の問題で韓国側から訴訟が起きて、現在の日韓関係が無駄に悪化するということだけは避けていきたいところですが…

韓国側の姿勢次第なのでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする