【訃報】勝谷誠彦の闘病(写真あり)や病名・お別れ会や今後について

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

勝谷誠彦の闘病や病名

非常に悲しいニュースです。

コラムニストとしてテレビで見ない日はなかった、勝谷誠彦さんが11月28日に故郷の尼崎市で息を引き取りました。

公式サイトには
「勝谷誠彦は11月28日に死去いたしました 勝谷誠彦は、2018年11月28日午前1時48分、生まれ故郷の尼崎で57歳の生涯を閉じました。生前、応援していただきました皆様、お世話になった皆様に厚く御礼を申し上げます。どうもありがとうございました。」と記されています。
引用:勝谷誠彦公式サイト

勝谷誠彦さんは、8月に腹痛で緊急入院をしアルコール性の劇症肝炎の療養に入っていました。

非常に危険な状態にあり、入院当初は声も出せなかった勝谷誠彦さんですが、奇跡的な回復力を見せて入院から10日後には食事ができるレベルまで回復したそうです!

そして9月になると、病室にパソコンを持ち込み日記を書けるくらいまで回復を見せていました。
これから完全復活をすると思いきや10月に再度入院となってしまいました。

【画像】勝谷誠彦の病気の原因は?

劇症肝炎で緊急入院した勝谷誠彦さんですが、原因は40年以上もの間『休肝日ゼロ』で大量のアルコールを摂取し続けてきたことが挙げられます。

劇症肝炎は最終敵には、多臓器不全などの重篤な状態になりうる危険な病気なのです。
奇跡的な回復で退院しましたが、その後も勝谷誠彦さんはアルコールを断つことができずに症状が悪化し再入院となってしまったのではないでしょうか?

こちらが退院後の勝谷誠彦さんの様子です。

かなりしんどそうな印象を受けますね。

勝谷誠彦のお別れ会は?

有料メルマガなども配信しており、コラムニストとしても人気があったのでお別れ会なども今後、開催されると思いますが、現時点では開催の有無や日時などは公表されていません。

今後、分かり次第追記していきます!

世間の反応は?

まとめ

58歳にして生涯を終えるなんて、早すぎますね。

一度は奇跡的な回復により、日記がかけるようになり退院していましたが、その後は再度悪化をしてしまい再入院となってしまいました。

アルコール性の劇症肝炎ですので、アルコールが原因となっていますが、毎日40年以上にわたり飲み続けていたので、おそらくアルコール依存症だったのではないかと思われます。

アル中だと自分の力だけでは、脱却できないので周囲の力を借りて治す努力をしなければいけません。
詳細は不明ですが、勝谷誠彦さんのキャラクターだと、周囲が協力を申し出ても拒否していたのかもしれませんね。

御冥福をお祈りします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする