芳根京子が可愛い!経歴や難病克服・会いたくない女優の理由は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

芳根京子の経歴や過去の作品

松坂桃李さんが主演を務める映画『居眠り磐音』のキャストが発表され、女優の芳根京子さんと木村文乃さんがWヒロインを務めることが発表されました。

芳根京子さんは、この映画に関して、松坂さん演じる磐音様を、ひたむきに愛し、強く想い続ける奈緒を演じられたこと、一人の女性として誇りに思います。私も早く大きなスクリーンで、磐音様に会いたいです。と話しています!

名前:芳根京子(よしねきょうこ)
年齢:1997年2月28日 21歳
出身:東京都
身長:159cm
学校:東海大学付属望星高校
趣味:料理、ピアノ、フルート

芳根京子さんが芸能界に入ったきっかけは、高校1年の頃に上地雄輔のライブに行った際にスカウトされたことだそうです!

これだけ可愛ければスカウトされますよね!

2013年にフジテレビの「ラストシンデレラ」で女優デビュー
2014年には朝ドラ「花子とアン」にて朝ドラデビュー
2015年はTBSの「表参道高校合唱部!」の主役
2016年はNHKの「べっぴんさん」で主演
2018年には月9の「海月姫」で主演を務めています。

話題作が多いですね!

芳根京子が難病を克服できた理由

芳根京子さんは、中学生の頃にギランバレー症候群という難病にかかっていたそうです。

ギランバレー症候群というのは、運動神経に障害が起こる難病であり体をうまく動かすことができなくなります。
進行していくことで、歩けなくなったり表情を作れなくなったりする難病です。

9割の人は回復すると言われていますが、原因は不明であり命を落とす人も少なくない病気なのです。

芳根京子さんは、ギランバレーになってから毎日楽しいことを探していたと言います。
やはり笑顔は病気を克服するための最高の薬なのでしょう!!!

今の芳根京子さんの魅力的な笑顔のルーツはそこにあるのかもしれません。

芳根京子は会いたくない女優?

芳根京子さんは、業界内で「会いたくない女優No1」と言われています。

表参道高校合唱部は1000人のオーディションから選ばれているように、今までの仕事もオーディションで勝ち取ったものが多いんだとか!

だから、オーディションを受けにきた同業者からすると『芳根京子』という名前があると”今回もダメか”と肩を落とすほどだそうです。
だから、「会いたくない女優No1」と呼ばれているそうです。

見た目が可愛らしいだけじゃなくて、演技力もすごいということですね!
映画『居眠り磐音』での演技が楽しみですね。

世間の声は?


やはり、演技の評価がものすごく高いようですね!

まとめ

会いたくない女優No1である芳根京子さんについてまとめてきました。

過去にはギランバレー症候群という難病を克服した強い精神力と、同業者からオーディションで会いたくないと言われるほどの演技力を兼ね備えた期待の若手女優であることがわかりました。

今後の活躍に注目していきたいですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする