花田景子女将の離婚(卒婚)の原因は何?理事選や息子が影響してる?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

花田景子(女将)が離婚

貴景勝優勝でおめでたいニュースが流れていた貴乃花親方が、10月25日に妻で元フジテレビアナウンサーの花田景子さんと離婚していたことがわかりました。

貴乃花親方と妻の花田景子さんは、1995年に結婚し三人の子宝に恵まれています。
現在では、長男の優一さんが靴職人をしながら芸能活動も行なっています。

横綱の妻となった景子さんは、長きにわたって「女将」として、貴乃花部屋を献身的に支えてきた印象がありますよね!

そんな二人三脚で歩んできた夫婦でしたが、先月離婚となってしまいました。
どうして離婚してしまったのでしょうか?

花田景子(女将)の離婚原因は?

今回のこの報道で、貴乃花親方は「離婚というよりも『卒婚』です!」と話しています。

夫婦でそれぞれ話し合って出した結論であり、貴乃花親方は「円満な夫婦は別れない。円満じゃないから別れるということ。お互いの道を行こうということです。」とも話しています。
詳しい離婚の原因についてみていきましょう!

理事選や引退の影響?

記憶に新しいのが、貴乃花親方が相撲協会を引退したということです!

要するに、親方が引退すると景子さんは『女将』ではなくなります。
そのため、景子さんが一緒にいる理由がなくなったという見方もあるようです。

さらには、相撲協会の理事選に景子さんへの相談をしないで出馬したことも大きな原因のようです!

貴親方は側近親方にも、景子さんにも、まったく相談せずに独断で出馬を決めてしまった。手当たり次第に“敵”をつくる親方のことが、景子さんももう手に負えなくなってしまったんです。親方が理事選に落ちると、景子さんは近しい人に“落選してよかった。これで余計なことに気を取られず、親方として弟子の教育に集中できる”と漏らしていました(後援会関係者)
引用:ライブドアニュースより

のようなコメントも聞かれています。

一番近くで、女将として長年支えてきた女将の景子さんにとっては、「少しは相談してよ!」という想いが強かったのではないでしょうか?

息子の芸能活動の影響?

離婚の要因の1つになったと言われているのが、長男の優一さんの芸能活動もあると言われています。

長男の優一さんの「靴職人とタレント」という二足の草鞋を履く活動に対し、貴乃花親方は「テレビに出てる場合じゃない。そんな時間あるなら靴を作れ」と話してきたといいます。

以前は、長男の優一さんは貴乃花部屋がマネイジメントをしていましたが、2017年夏から後援会の幹部が経営している芸能事務所に所属が変わったのです!

初めは親方も歓迎していましたが、自身の貴乃花部屋の経営が苦しくなってくると「事務所に金が入って、部屋に入ってこないのはおかしい」と口にするようになってきたそうです。

そして、長男が所属している事務所の幹部を連れてきたのが、妻の景子さんでした。
景子さんは良かれと思って連れてきたのに、貴乃花親方から上記のように言われてしまい「どうしてそんなこと言われなきゃいけないの」と思ったのかもしれません!

花田景子(女将)の今後は?

女将を長年やってきた花田景子さんは、最近では、相撲部屋の女将としての仕事よりも、個人の講演活動や執筆活動が激増しているといいます。

元フジテレビアナウンサーであり、元女将という立場ですので「マナー教室」なども開いたりして仕事面では順調であり、離婚前から「夫には生活は頼らない」という話もしていたそうです。

今後の活動もこのような動きがメインになってくるのではないでしょうか?

世間の声は?

まとめ

貴景勝の優勝に対しての貴乃花親方のコメントに痺れていたら、なんと10月に離婚していたなんて!

今回の花田景子(女将)と貴乃花親方の離婚(卒婚)には多くの人が驚いたと思います。
この2人の今後の活動に注目していきましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする