【画像】ティロフェヒナーの経歴や年収は?中谷美紀の結婚の理由は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ティロフェヒナーの経歴

名前:ティロ・フェヒナー
年齢:1968年 50歳
出身:ドイツ・ベルリン
職業:ビオラ奏者
大学:ベルリン芸術大学
   ニューヨーク・ジュリアード音楽院

1996年 ジュネーブのスイスロマンド管弦楽団
1997年 ミュンヘンフィルハーモニー管弦楽団
2004年 ウィーン国立劇場管弦楽団
2005年 フィルハーモニー管弦楽団など多くの有名な楽団を渡り歩いています。

ちなみに、ウィーン国立劇場管弦楽団は、世界でも1、2位を争うほど人気のオーケストラであるウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の母体です!

また、イギリスや日本のオーケストラの雑誌のランキングでは、常に3位内を維持しているそうです。

やはり、ティロフェヒナー氏は、音楽一家で育ち大学も超エリート校で学んできているので技術も一級品なんですね!

ティロフェヒナーの年収

日本のオーケストラの業界は、生活が楽じゃないというのはよく聞きますし、生活のためにアルバイトをしているという声も多数聞かれます。

日本のある機関の調査によると
日本のオーケストラの上位の年収は
・N響が1000万円
・読売日響が767万円
・都響が733万円となっているそうです。

やはり想像していたよりも貰っている額は少ないですね!
あれだけ高い楽器を扱いながら、意外と年収は低いのです、

平均的には400〜500万円台と言われています。

では、ティロフェヒナー氏が所属するウィーンフィルはどうなのでしょうか?
ベルリンフィルの団員の年収も400万程度と言われているので、ウィーンフィルもそこまで高くないと考えられます。

おそらく、ティロフェヒナー氏も400〜1000万程度の額をもらっているのではないでしょうか。

しかし、雑誌の上位にランキングする実力を持っているティロフェヒナー氏ですので副業でいくらでも稼ぐことは可能でしょう。
いくつか副収入を持っていることも十分に考えられますね!

ティロフェヒナーと中谷美紀の馴れ初めや結婚の理由

中谷美紀さんとティロフェヒナー氏は、日本とドイツの遠距離恋愛の末、結婚することになりましたが、二人の馴れ初めはどうなのでしょうか?

実は二人の出会いは、クラシックが好きな中谷美紀さんが小澤征爾さんが指揮を務めるコンサートでティロフェヒナー氏に共通の知人を介して知り合ったそうです。

その時、ティロフェヒナー氏に中谷美紀さんが一目惚れして、中谷美紀さんの英語でのアピールの末、交際に発展したそうです!
そして、2年間の交際の末結婚となったようですね。

中谷美紀さんは、現在オーストリアで生活しており今後の結婚生活でもオーストリアで暮らすとみられています。

しかし、ティロフェヒナー氏には『浮気ぐせがある』との噂も….
真実は不明ですが、夫婦仲良く暮らして欲しいですね。

【画像】中谷美紀の直筆がやばい

中谷美紀さんが結婚発表の際に、手紙を書いたのですがその手紙の達筆さがすごすぎてもはや読めない!!!笑

こちらが実際の達筆すぎる結婚発表です。

もう、読めないっす…

中谷美紀は妊娠している?

中谷美紀さんは47歳、ティロフェヒナー氏は50歳という大人の結婚ですが、現時点では中谷美紀さんに妊娠などの発表はされていません。

今後どうなるかは不明ですが、47歳でも妊娠・出産の可能性は十分に考えられます。

あれだけ綺麗な中谷美紀さんと、音楽の才能に溢れているティロフェヒナー氏の子供が産まれたら、子供はえらいことになりそうですね笑

世間の声は?

まとめ

中谷美紀さんがビオラ奏者のティロフェヒナー氏との結婚を発表しました!

クラシックス好きな中谷美紀さんにとっては、夫がビオラ奏者というのは話も合って最高なんじゃないでしょうか。

それに、中谷美紀さんは英語がペラペラだったり、結婚発表の手紙の達筆さといい、なんでもできるスーパーウーマンなんだなと思いました笑

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする