中国でドルガバが炎上!失った中国市場の規模や売上総額がやばい!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

中国でドルガバが炎上

ドルガバのデザイナーであるステファノ・ガッバーナのインスタのアカウントから中国を侮辱するメッセージが送信されたことが公開され、中国で開催予定だった、ファションショーが開催数時間前になってキャンセルされました!

報道によると、デザイナーのステファノ・ガッバーナが
「これから世界的なインタビューを受ける時は、必ず中国はクソだということにするよ」
「無知で汚く、臭う中国マフィア」といった中国を侮辱するメッセージを送信しているとされています。

この件を受けて、中国ではドルガバのファッションショーが中止になり、中国のECサイトからドルガバの商品が消えました。

この一連の中止決定まで、どうやらたった4時間で起こった出来事だそうです!
ドルガバにとっては悪夢の4時間ですね…

ドルガバは、アカウントがハッキングされていたとの見解を示していますが、それを信じる人は誰もいないですし、状況証拠を見ると事実である可能性は薄いのが現状のようです。

中国市場の規模がやばい

ドルガバがたった数時間にして失った中国のファッション市場の規模がやばいんです!

中国の国家統計局の発表によると、中国のアパレル市場は2015年時点で約18兆円に達しています。

さらに、2020年には約25兆円に達すると言われているのです!!!

25兆円の市場をドルガバは失ってしまいました…
もはや悪夢としか言いようがありませんね。

中国ではECサイトの伸びがやばい

中国では電子通貨が浸透しているので、ネットショップのユーザー数も非常に多く、2016年の時点で4.48億人と言われています。

アパレルECの市場も約16兆円だそうです!
さらに、アパレルECの伸び率に関しては25%!!!

数字が凄すぎて意味わかりませんが、今後も若い世代を中心に凄い勢いで伸び続けている市場ということです!

ドルガバは今回の一件で、ECサイトへの商品の掲載もストップされてしまったので、かなりの消費者を失ってしまいました。

中国市場の特徴

・中国のファッション市場はアメリカに次いで世界に2位
・世界的にはファンション消費市場の伸びは2〜3%
・ECアパレルの消費規模や伸び率も異常
・中国ではファッション消費市場の伸び率が10%程度
・さらに20代の若者が1億人以上いる
・中国でのファッション消費市場は女性が80%を占める

これだけの可能性を持った市場をドルガバは失ってしまったのです、ドルガバといえば女性がターゲットの商品が圧倒的に多いですよね!

若い消費者が多く、その消費者のうち女性が80%という絶好のマーケットをたった4時間で失ったドルガバは悔やみきれないでしょう。

SNSでのコメントは、ハッカーによるものだとしていますが、信ぴょう性は薄いでしょう…

今後の対応はどうするのか!ドルガバ!!!

世間の声は?

まとめ

ドルガバの炎上事件と、中国市場のやばすぎる規模について解説してきました。

ドルガバは現状でも非常に大きなマーケットであり、今後も確実に伸びてくる中国のマーケットを一瞬にして失いました。

企業損失としては計り知れない被害を被っています。
たった1人の発言により(それもプライベートなもの)これだけ大きな被害になったことは今までなかったのではないでしょうか?

影響力のある人間のSNS利用は非常にリスキーであることを再認識させられますね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする