カルロスゴーンの姉はどんな人?アドバイザー契約と高級住宅の実態!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

カルロスゴーンの経歴

名前:カルロスゴーン
年齢:1954年3月9日 64歳
出身:ブラジル生まれでフランス国籍もあり
職業:実業家
学歴:パリ国立高等鉱業学校

ゴーン氏は、アラビア語、フランス語、スペイン語、英語、ポルトガル語5ヶ国語を話すことができ、フランスのルノーのCEO、日産の会長、三菱自動車工業の会長という漫画のような経歴を持っている人物です!

漫画のようなゴーン氏の経歴まとめ

1999年 仏ルノーが、経営危機に陥った日産自動車と資本提携。
日産の最高執行責任者(COO)に就任
2000年 日産社長に就任
2001年 日産の最高経営責任者(CEO)を兼務
2005年 ルノー社長兼CEOに就任、両社のトップに
2007年 販売不振で07年3月期が社長就任後初の営業減益に
2015年 日産での役員報酬(14年度)が初の10億円超えと発表
2016年 燃費不正問題を起こした三菱自に出資し、会長に就任
2017年 日産の社長兼CEOを退く。代表権のある会長にはとどまる

カルロスゴーンのアドバイザー契約容疑(脱税容疑)

ゴーン氏の私的流用の発覚が後を立ちません!

世界6箇所に高級住宅を建設したり、自分の資産を増やすために色々な策を講じていたゴーン氏でしたが、今回は自分の兄弟に意味不明な給料を支払っていたのです!

ゴーン氏はリオデジャネイロに住む実の姉に、その業務実態がないにも関わらずアドバイザー料として年間1120万円もの大金を給料として支払っていたのです!

まさに、会社経費を私的な目的で利用しています。
そして、ゴーン氏の姉も海外の子会社を通じてリオに高級住宅を購入しています。

まるで田舎の小さい会社のような手口です…

カルロスゴーンの姉とは?

調べてみると、カルロスゴーン氏には姉が2人、妹が1人いるようです。

2人の姉とは仲が良く、2人ともリオに住んでいるようですね。

ゴーン氏の姉の名前や顔写真を調べましたが、完全に一般人ですので情報がありませんでした。

今後の調査で判明次第追記していきます!

カルロスゴーンと姉のアドバイザー契約の実態

ゴーン氏は2002年以降、実の姉とアドバイザー契約を結び、その顧問料として毎年1120万円の給料を支払っていたと言います。

なんとアドバイザー契約を結んでいるゴーン氏の姉には業務実態がないそうです。

2002年から2018年まで、なんと16年間もの間1120万円もの大金を姉にアドバイザー料として、日産の経費から支払っていたのです!

1120万円×16年間=179,200,000
なんの実働もない姉に、16年間で約1.8億円も支払っていたのです!

あれだけリストラしたのに、こんな無駄金を経費で落としていたなんて当時リストラされた人が聞いたら激怒ですよね。

世間の声は?

まとめ

ゴーン氏の逮捕により、悪行が次々と明るみに出てきています。

日産では経営回復のため、コストカットと称し大規模なリストラなどを行ってきました。

そのおかげで経営はV字回復を見せましたが、その内情はコストカットとは似ても似つかないような資金の流れを見せていますね。

ゴーン氏は日産の経営を回復させ、賞賛を受けることが多かった経営者でしたが、結局はただの金に汚いおじさんでした。

お金の力は怖いですね〜。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする