明治神宮の火事の原因は放火?詳しい火災発生の場所や衝撃の火災画像

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

明治神宮で火事が発生!


18日午前7時頃、東京・渋谷区の明治神宮で火事があった。現在も延焼中です。

東京消防庁によると18日午前7時頃、渋谷区の明治神宮の敷地内で火事があった。火は、倉庫1棟、およそ200平方メートルを焼き現在も延焼中。ケガ人や逃げ遅れはいないといいます。

明治神宮の火事の原因は?

現在、消防や警察が調査している段階であり、原因は特定できていないとのことですが、放火犯の可能性もあるとのことです!

衝撃の火災画像

世間の声は?

まとめ

明治神宮で火災が発生しています。
現在も消化活動が継続されていますが、倉庫が燃えている状態だそうです。

明治神宮の周辺には、自然に火の手が上がることはないので、放火の可能性が高いようです!
現在は、消防と警察が原因究明に務めているようです。

詳細分かり次第追記します!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする