ガンバレルーヤよしこに子供はできる?下垂体腺腫の妊娠への影響!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ガンバレルーヤよしこが下垂体腺腫に

女芸人コンビ、ガンバレルーヤのよしこが下垂体腺腫と診断され、手術のために一時芸能活動を休養することが発表されました!

下垂体腺腫とはどんな病気なのか?
妊娠との関係性についても解説していきます!

妊娠に下垂体腺腫は影響する?

ガンバレルーヤよしこが発表した、下垂体腺腫は不妊や生理不順の要因として挙げられることが多い病気です。

下垂体は脳の一部であり、生命活動を維持するために様々なホルモンを分泌する役割を持っています。

脳の画像で見ると、下垂体はこの矢印の部分の小さいやつです↓

下垂体腺腫とは、この下垂体に良性の腫瘍ができることで、ホルモン分泌が過剰になる病気です。

腫瘍になる細胞の種類により、過剰分泌されるホルモンも異なると言われています。
例えば、成長ホルモンを出す細胞が腫瘍になると、異常に背が高くなったりします。

プロラクチンというホルモンが過剰分泌されると、生理不順や赤ちゃんがいないのに母乳が出たりと、妊娠できない状態が引き起こされるケースがあると言われています。

ガンバレルーヤよしこは妊娠できる?

所属事務所は「下垂体腺腫(かすいたいせんしゅ)治療のため、一時休養することになりましたので、ご報告致します。よしこは、人間ドックを受診した際に、ホルモン産生の良性の腫瘍が見つかり、担当医師と相談した結果、腫瘍を取り除く手術を受けることとなりました。関係各位、ファンのみなさまには大変ご心配、ご迷惑をおかけ致しますが、何とぞご理解賜りますよう、お願い致します」とした。
当面の仕事および復帰時期に関しては「手術後の経過をみて、医師の判断に従い、関係各位と相談の上で調整させて頂きます」とした。

よしこと相方のまひる(25)も事務所を通じてコメントを発表した。

よしこは「関係各所のみなさま、いつも応援してくださるファンのみなさまこのたびは、ご迷惑おかけして申し訳ございません。完治させてまた頑張りますので、これからもガンバレルーヤをよろしくお願い致します」。
まひるは「よっちゃんの分も頑張りますので、これからもガンバレルーヤをよろしくお願い致します」。
引用:サンスポ

このように発表されており、ホルモン産生の良性の腫瘍ということで、下垂体腺腫であるという事実しか記事ではわかりません。

この腫瘍の性質次第では、妊娠に影響を及ぼすプロラクチンに作用しますが、現時点では不明です。

下垂体腺腫自体は、手術や投薬で完治するものです。

手術後に回復すれば、ガンバレルーヤのよしこさんも妊娠することは可能です!

下垂体腺腫の対応は?

詳しい対応や経過に関しては、下記のサイトを参照してください!

世間の声は?

まとめ

ガンバレルーヤのよしこが、下垂体腺腫であると公表し都内の病院で手術を受けることも同時に発表しました。

下垂体腺腫は妊娠との関係もあり、不妊の原因の一つとも言われています。

腫瘍の性質によっては、出てくる症状も人によって異なります。
下垂体腺腫自体は、良性の腫瘍ですので、投薬や手術で完治することが可能な病気です。

よしこさんには、ゆっくり休養をとって完治させてからバラエティで活躍する姿を見せて欲しいですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする