LassoとTikTokの違いは?FBの狙いや日本リリースは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

アメリカでLassoがリリース

フェイスブックがTikTokの競合アプリとなるであろうショートフォームビデオプラットフォームの新アプリである『Lasso』をローンチしました!

Lassoでは、コメディ、美容、フィットネスなど様々なエンターテイメント動画をショートフォームで送ることができるアプリだとフェイスブックはコメントしています。

この文章を聞くだけでは、LassoとTikTokの違いがイマイチわかりません!

LassoとTikTokの違いについて解説していきましょう。

LassoとTikTokの違い

フェイスブックからローンチされたLassoと若者を中心に爆発的な人気を誇っているTikTokとの違いですが、結論から言うと『基本的には同じ』です笑

LassoもTikTokと同様に”ティーンズ向けで面白くクリエイティブに重点を置いている”と言うことのようです!

TikTokとの違いとしては、Lassoはインスタやフェイスブックのアカウントを利用してログインするので、フェイスブックやインスタのストーリーにLassoの動画を投稿することができると言うものです!

TikTokの場合では、インスタやフェイスブックに投稿することはできずTikTok内だけでシェアしていたので、フェイスブックと連動しているLassoの方が全体としてのユーザー数が多いので、より拡散力は高いと言えますね!

LassoリリースのFBの狙いや理由は?

フェイスブックがTikTokと同じ機能であるLassoをリリースした理由としては、フェイスブックユーザーの数の変化にあります。

2014〜2015年はアメリカの13〜17歳の71%が利用していたフェイスブックですが、今年の調査では約50%まで低下しているのです。

Lassoは若者のフェイスブック離れを止めるために、若者を中心として人気となっているTikTokを引きずり下ろすための戦略と言えるでしょう!

これは、2013年にフェイスブックがスナップチャットの買収に失敗した時と同じ流れを繰り返すものです!

過去にフェイスブックは、スナップチャットを買収できなかったので「自社で模倣したサービスを作ってしまえ!」ということで、インスタグラムにストーリー機能を導入し、結果としてはスナップチャットを王座から引きずり下ろしインスタユーザーの増加にも繋がりました。

最終的には、インスタのユーザー総数はスナップチャットの2倍以上となっています。
フェイスブックの完全勝利ですね!

果たして、今回のLassoはTikTokを王座から引きづり下ろせるほどユーザーのニーズを満たせるのか注目していきましょう。

Lassoの日本リリースは?

LassoはiOS版とAndroid版が提供されていますが、現時点では大々的にLassoのローンチは行わず、米国内だけでまずは小規模展開しつつユーザーやクリエーターからのフィードバックを拾っていきユーザービリティを高めていく予定となっています。

日本でのリリースは現時点では未定ですが、TikTokの牙城を崩すのであれば近いうちにLassoも日本に上陸するでしょう!

情報が入り次第、追記していきます!!!

世間の声は?

まとめ

フェイスブックがLassoをローンチ!

TikTokはスナップチャットの二の舞になってしまうのか!!!

IT戦争ですね!!!

基本的にはTikTokと同じ機能ですが、すでにインスタやフェイスブックにプラットフォームを持っているのでユーザー獲得には有利だと思われるLasso。

若者に圧倒的な人気を持つTIkTokの牙城を崩せるか、どんなユーザービリティをフェイスブックが展開していくのかに注目していきましょう!

日本でのリリースを待て!!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする