ISSこうのとりのカプセル回収へ!落下場所と時間、調査結果は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ISSから小型回収カプセルで独自のルートで実験試料を日本に持ち帰ることに成功!!!
その背後には、タイガー魔法瓶の凄すぎる技術力が!

回収カプセルの落下場所や時間、調査結果についてまとめていきます。

こうのとりからカプセル回収へ

JAXAはこうのとりから、放出された小型回収カプセルが大気圏に再突入し無事日本の領海に着水したことを発表しました!

日本が独自にISSから実験試料を回収したのは、今回が初めてのことであり今後の有人宇宙船開発にも繋がる技術として期待が高まっています。

11日のAM6時20分ごろ、高度300kmでカプセルを放出。
パラシュートを使って落下し、着水。
AM7時6分ごろに回収カプセルが着水したことを知らせる信号が確認されています!

小型回収カプセルが落下したポイントは?

小型回収カプセルが落下したのは、本州から1800km離れた小笠原諸島・南鳥島沖のようです!

意図的に落下ポイントとして南鳥島沖を狙ったとしたら、この場所が選ばれた理由としては、日本の領土間で最長の大圏距離をとることができる地点だからではないでしょうか?

また、この領域周辺は台風が通過しやすい地域ですので、何事もなかったようで良かったです!

小型カプセルの調査結果は?

カプセルに収納した試料はタンパク質の結晶と金属酸化物で合計1kgです。

13日にJAXAの筑波宇宙センターに運ばれ、調査が進められる予定です!
今後詳細が分かり次第追記して行きます。

小型カプセルの秘密は?

大気圏突入し、日本の上空からパラシュートを使って落下してくる回収カプセルですが、大気圏突入時の温度変化や着水時の40Gもの力がかかる過酷な環境の耐えなければいけません。

そんな着水時の衝撃や大気圏突入時の過酷な環境に耐える秘密が、タイガー魔法瓶の開発した真空断熱容器の技術なのです!

やっぱ、日本の技術力は健在ですね!

世間の声は?

やはり、魔法瓶すげーって人が多ですね笑

まとめ

こうのとりから発射された、小型回収カプセルが無事に日本の領海に着水しました。

・ISSから独自の技術で試料を回収したのは初めて
・小型回収カプセルは南鳥島沖に着水
・13日にJAXAに到着し調査開始
・小型回収カプセルの試料はタイガー魔法瓶の技術で保護
・今後の有人宇宙飛行技術への一歩

無事に着水できたことは喜ばしいことですね!
どんな調査結果が出てくるのか楽しみです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする