【画像】はらぺこあおむし翻訳者の森比佐志の他の作品や人物像は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

はらぺこあおむしの翻訳を手がけ、児童文学作家の大御所のような存在である森比佐志さんが心筋梗塞で帰らぬ人となりました。

ご冥福をお祈りします。

森比佐志の経歴

名前:森比佐志(もりひさし)
本名:森久保仙太郎(もりくぼせんたろう)
年齢:1917年生まれの101歳
出身:神奈川県
職業:翻訳家、児童文学作家
翻訳家になる前は、小学校の先生をしていたようです!

森比佐志さんの著書には
・ゆっくりくまさん
・つきがみていたはなし
・こぐまちゃんシリーズ
・えほんの世界
・月の谷などが挙げられます。

森比佐志の作品は?

森比佐志さんの作品は、子供だけでなく大人の心にも響く深い言葉が数多く収められている絵本が多いのです。

世間の声は?


はらぺこあおむしがきっかけで、本が好きになったという人が結構多いようですね!

まとめ

はらぺこあおむしを訳した、児童文学作家であり、翻訳家である森比佐志さんが心筋梗塞で帰らぬ人となりました。101歳だったそうです。

日本人のほとんどの人が読み聞かせをしてもらった経験がある『はらぺこあおむし』ですが、本当に多くの人の愛されている作品ですよね!

元々は、森比佐志さんは小学校の先生をしていたので子供の面倒見が非常によかった人物だったのでしょう。

だからこそ、絵本という分野で子供達を楽しませようと長い間活躍していたのではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする