1156億円の税金の無駄遣いが摘発!税金の内訳や使い道・原因は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

1156億の税金が無駄遣い

会計検査院が平成29年の決算検査報告を総理に提出しました。

官庁や政府出資法人の『税金の無駄遣い』や制度の改善を求める指摘な374件、総額1156億9800万円に登りました。

これを聞く限りでは、異常に多いような印象を受けますが、実はこの件数と金額は過去10年間でもっとも少ないそうです!

これだけ無駄遣いしているのに、もっとも少ないとか企業だったら倒産ですよ完全にw

会計検査院の役割は?

検査院は国が法律に従って適切に支出されているのかをチェックする事が一義的な役割となっています。

検査院は内閣から独立した地位にあり、国の機関や政府が出資する法人の決算などを検査し、報告する立場にあります。

ただし、検査院はこれだけでなく事業の効率的な運営や、支出の根拠となっている政策や制度の妥当性にも踏み込んで指摘する事ができる権限を持っています!

高齢化でこれからますます膨らんでいく社会保障費の分野を含め、検査院が洗い直すべき対象は非常に多いのでこれからの対策が必要です。

このように、検査院の役割は多岐にわたるので非常に幅広い知識と深い考察が必要となってくる仕事です。
検査院は一層厳しい姿勢で検査に当たり、国の税金の無駄遣いを削減していくようフォローしていくべきですね!

本当に会計検査院が機能しているのかは疑問ですが・・・

税金の無駄遣いの内訳は?

会計検査院に指摘された税金の無駄遣いの中で、指摘金額がもっとも多かった省庁を発表!

1位 防衛省(約639億円)
2位 商工中金(約151億円)
3位 農林水産省(約117億円)
4位 厚生労働省(約43億円)となっています。

防衛省が圧倒的に税金を無駄遣いをしていますね。

なんでこんなにも無駄遣いが多いのでしょうか?

税金が無駄遣いされる原因は?

無駄遣いされた税金の内訳をみると、防衛省でもっとも多いですがこの無駄遣いの原因はどこにあるのでしょうか?

人為的なミスによる税金の無駄遣いが非常に多いと言われています!

無駄遣いの代表格としてよくニュースなどで挙げられる、地方の誰もこない箱モノを作ってみたり、工事する必要のない場所の道路を工事してみたりと、一般企業の会社員であればクビになるようなミスがたくさん起こっているのが国の税金の使い道です。

一例としては、以前海上自衛隊で不要となったヘリコプターの古いプロペラを、鉄くずとして処分した事例があります。

この時は、処分したプロペラが鉄くずではなく全て新品のプロペラだったのです!笑

こんなことあり得ます?www

これによる損失の総額は7829万円だそうです。

このようなミスがたくさん見られているのが日本の税金の使い道です!
大丈夫か!国会議員たちよ!!!

明らかに高額な国会議員の給料

国会議員の給料も国民の税金で賄われています。
国会議員の給料は歳費と呼ばれており、非常に高額に設定されています。

国会議員の歳費の月額は129万4000円です。
これに期末手当というボーナスが635万円
さらに、文書交通費として月額100万円
立法事務費として月額65万円と様々補助もついています!

これらを全て合計すると
国会議員の年収は4000万円を超えています!!!

すごい!笑

一体彼らは社会に対してどんな価値を提供して、4000万円もの大金を毎年受け取っているのでしょうか?
一般的な企業で言えば、世の中にとって明確に価値であると認識されることでなければ利益は出ません。

社会にとって国会議員1人1人が、4000万円に値するほどの価値を本当に提供できているのか?と疑問に思えて仕方ありません。

これは資本主義の考え方に反しているのではないでしょうか?

ちなみに、アメリカの議員は年1700万円でイギリスの下院は約970万円と言われています。
これら先進国の国会議員の年収と比較して、日本の国会議員は貰いすぎではないでしょうか?

財源が足りなのであれば、自分たちの報酬をまずは下げるべきだと思いますが…

世間の声は?

過去10年でもっとも少ないと報告されていますが、これを評価する声は当然のようにありません笑

まとめ

会計検査院の発表により、国が無駄遣いした税金が1156億円と報告されました。

過去10年ではもっとも少なかったそうですが、一般的な企業に当てはめて考えたらありえない話です。

本当にずさんな仕事をしているんですね!

監査役の会計検査院も、報告してるだけでなくしっかりと改善案を出して成果をださないのであれば、そんな機関いりませんよね笑

個人それぞれが、責任感を持っていない組織にお金を集めるのは非常に危険だということです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする