お茶漬け禁止のお嬢様?新人の辻沙穂里アナが囲碁の達人で可愛い!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

毎日放送の大型新人である辻沙穂里アナが、さんまの番組でお嬢様疑惑?

辻沙穂里アナについて調べていくと、囲碁6段や全国優勝、ダンスサークルなど色々な活動をしているようです!
お嬢様疑惑の真相についてもまとめていきます!

辻沙穂里アナのプロフィール

名前:辻沙穂里(つじさおり)
年齢:1994年5月17日 24歳
出身:東京都港区
学歴:慶應大学商学部
職業:毎日放送アナウンサー
特技:囲碁・書道

辻沙穂里アナは、幼少期から囲碁を始め大学時代にはダンスサークルでの活動や、マーケティングのゼミなどで活躍していたそうです。

囲碁では頭脳を、ダンスでは体を鍛えていたようです!
文武両道ってやつですね。

また、辻沙穂里アナは大学時代から女子アナになるためにテレビ朝日アスクの受講やフジテレビの第30期学生キャスターとしても活動していたそうです!

やはり行動力がすごいですね!!!
学生キャスターの時代には次長課長と共演していたそうです。

辻沙穂里アナは囲碁の実力がすごい!

囲碁が似合いますね笑
辻沙穂里アナは、父親の影響で6歳の頃から囲碁を始めており、小学生でアマチュア6段を獲得したそうです。

幼い頃は女流棋士を目指しており、解いた詰碁は3万題を超えるそうです!!!

高校時代には、囲碁部の主将を務め2011年に行われた『第35回文部科学大腎杯全国高校囲碁選手権大会』において女子団体戦優勝を果たしています!

すごいですね!!!

お茶漬け禁止の辻沙穂里アナはお嬢様?

さんまさんの『痛快!明石家電子台』という毎日放送の番組で、辻沙穂里アナは「お茶漬けはお行儀が悪くてやってはいけないものだと言われて来た」と話しています。

これに対し、さんまさんは「君東京?東京のお嬢さんか」とかなり驚いた様子で返していました。

さらに、「お茶漬けがアカンって家は、お嬢様に決まっとるやないか」と断言しています笑

本人は、このやり取りの中で「お嬢様ではないんですけど・・・」と返していますが、お嬢様はお嬢様であることに気づかないので、もしかしたらお嬢様なのかもしれません。

辻沙穂里アナはお嬢様だった

囲碁を6歳の頃からやっており小学生で6段となっていますが、囲碁で段位を上げるには実は、お金が結構かかるようです。

アマチュアでは段位を上げる方法がいくつか存在しており、日本棋院が関連する大会である程度の成績を収め、段位に応じた金額を支払うと段位が取れるという方法があります。

この例では、8段の場合は100万円も支払う必要があるんだとか…

初段から6段までは、最低でも74万程度は段位を上げるために費用がかかるそうです。

これでは、段位はお金で買えると言われてしまっても不思議はないですよね。

これに加えて、毎月の月謝や大会への参加費などを合わせると囲碁も結構お金がかかるのが分かりますよね!

こう考えると、あながち辻アナのお嬢様も間違っていないかもしれませんね笑
出身も、東京の港区という高級住宅が多い地区ですし。

こちらから、日本棋院の段級位免許規定および料金の詳細へ飛べます。

世間の声は?

まとめ

毎日放送に大型新人の辻沙穂里アナウンサーが入社しました。

辻沙穂里アナは、6歳から囲碁の世界で女流棋士を目指していましたが、全国高校囲碁選手権大会で優勝し、その夢がアナウンサーになることへ変更したと言います。

幼い頃から囲碁で相手の手を先読みすることを繰り返して来た辻沙穂里アナ、トーク番組でもトークの先読みをしてスムーズな進行を発揮できるか注目していきましょう!!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする