誰がZaif流出事件の犯人特定?犯人を特定した人物とその方法とは!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Zaifのモナコイン流出の事件があり、約70億円がハッキングで盗み取られたのは記憶に新しいですよね!

今回は、そんなZaifの流出事件の犯人の新たな手がかりがホワイトハッカーによってもたらされたのです!
一時は追跡が困難だと言われていた、Zaif流出事件でしたがどのような人物がどんな方法でIPアドレスを特定したのかをまとめていきます。

Zaif流出事件の犯人が特定された?!

大手の仮想通貨サイト”Zaif”が9月に、ハッキングの被害により約70億円の流失が起きた事件は記憶に新しいですよね

忘れてるって方はこちらで、復習?してみてください!

このようなハッキングの場合、ネット上の住所であるIPアドレスが匿名化や偽装されてしまうので犯人を見つけることは困難だと言われています。

今回Zaifの流出に関わった犯人を特定したホワイトハッカーは『わな』を仕掛けることで犯人と思われるIPアドレスを特定することに成功したそうです!!!

Zaif流出の犯人を特定したホワイトハッカーは誰?

Zaif流出の犯人を特定したのは、サイバー警察や国の組織でもなくネット上の有志で集まったホワイトハッカーだそうです!

ホワイトハッカーという響きが、なんかかっこいいですよね!

このホワイトハッカーは、セキュリティ専門家のエルプラス杉浦隆幸社長とIT企業ジャパン・デジタル・デザインの楠正憲CTO、大学生を中心としたセキュリティチーム「TokyoWestrins」の計6人だそうです。

杉浦社長がプロジェクトを企画し、セキュリティチームが追跡ソフトのコーディングを、楠正憲氏がITインフラの準備などを担当したそうです!

彼らは、Zaifの運営会社が仮想通貨のハッキング被害を公表した9月20日以降、犯人の追跡を極秘で進めていたそうです。

ホワイトハッカーの一人、楠正憲さんのツイートです。

言ってみれば、ボランティアのハッカーが犯人のIPアドレスを特定したという事です。
日本のサイバー警察の技術では太刀打ちできないのでしょうか…

有志で集まったホワイトハッカー達は、Zaif流出時はIPアドレスが匿名化されており犯人特定が難しい状態で、どのような方法で犯人を特定したのでしょうか?

”わな”を使う方法でZaif流出の犯人を特定?!

ホワイトハッカー達は、Zaif流出後に仮想通貨の送金を担うネットワークに『わな』を仕掛けたそうです。

全ての仮想通貨の取引は、『ノード』と呼ばれる送金窓口のコンピューターにアクセスする必要があります。

犯人を特定したホワイトハッカー達はこの”ノード”に目をつけたそうです。

Zaif流出時に犯人の特定が困難だと言われた理由に、盗み取った仮想通貨を大量の口座に分散送金することで追跡不可能になることが挙げられていました。

この作業も、仮想通貨の取引なので送金時に必ず窓口にアクセスする必要があるのです!

ノードを利用したおとり作戦

ホワイトハッカー達は自らも送金窓口を作り、Zaifを流出させた犯人が別口座への送金手続きのために接続してくれば、犯人のIPアドレスを逆探知できるのではないかと考えたのです。

複数のわなを張り、犯人の送金を待ち、ついに複数のIPアドレスを逆探知することに成功したそうです!

特定したアドレスは欧州になる2つのサーバー貸出業者のもので、警察当局が照会すれば契約者が開示される可能性が高いと言われています。

現時点では特定されたIPアドレスが犯人であると断定はできませんが、ホワイトハッカーらは「犯人と何らかの関係があるのではないか?」と考えているようで、金融庁と警察当局に情報提供をしているといいます。

世間の声は?

まとめ

Zaif流出事件の犯人のIPアドレスらしきものが、特定された件についてまとめてきました。

有志のハッカー達の力によって、”わな”を張り犯人らしきIPアドレスを特定したらしいですが、ITに詳しくない僕たちにとってはよく分からない世界です。

しかし、ますます世の中はIT化が広がっていくので”よく分からない”で済ませるのは非常に危険だと感じました。

今回のZaif流出事件は完全に犯罪ですので、警察当局が動いているはずです。
しかし、実際に犯人らしき痕跡を見つけ出したのは有志のハッカー達です。
日本のサイバー警察のレベルはどの程度のものなのか?と個人的には心配に感じた一件でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする