渡邊雄太がNBAに!プレイスタイルや特徴・経歴・彼女はいる?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本人2人目のNBAプレイヤーが誕生しました!
渡邊雄太選手は、身長206cmという体格に恵まれながら、努力を惜しまない姿勢に好感の持てる選手です。

渡邊雄太選手のプレイスタイルや驚きのバスケ一家、彼女などに迫っていきます!

渡邊雄太のプロフィール

名前:渡邊雄太(わたなべゆうた)
年齢:1994年10月13日
出身:香川県木田群
身長:206cm
体重:89kg
学校:ジョージワシントン大学
ポジション:センターフォワード

渡邊雄太の経歴は?

2018年の7月にNBAの”メンフィス・グリズリーズ”と2ウェイ契約を結んだことを発表しました!

NBAでプレイする日本人は田臥勇太選手以来2人目です!

そんな渡邊選手は、学生時代から大活躍しており、尽誠学園高等学校でバスケの全国大会に出場し2年連続で準優勝しています。

そして全国ベスト5にも選出されています!!!

その後は、高校卒業と同時にアメリカへの留学を決意!

周囲からの反対があった中、NBA経験のある田臥選手の後押しもあり、ジョージワシントン大学へ進学しています。

ジョージワシントン大学での活躍

渡邊選手は、周囲からの心配する声もありましたが、ジョージワシントン大学の1年目のシーズンから活躍していました。

1年生の時から35試合に出場し『平均7.4点 3.5リバウンド』という結果を残しています。

渡邊選手の活躍は、ワシントン・ポスト、ニューヨークタイムズで特集記事が掲載されるほどの注目を集めていたそうです。

その後も順調にジョージワシントン大学の主力選手として活躍し、A10カンファレンスの『ディフェンシブ・プレイヤー・オブ・ザ・イヤー』を受賞しています!!!

また、”オールディフェンシブチーム”を2年連続で受賞、”オールサードチーム”にも選出されています。

これらの活躍が評価され、渡邊雄太選手はメンフィス・グリズリーズと2ウェイ契約を結びました!

渡邊雄太の2ウェイ契約ってなに?

日本人2人目のNBA選手として話題になっていますが、2ウェイ契約という聞き馴染みのない言葉も流れていますよね!

2ウェイ契約とは、2017年の夏から導入された制度であり、NBAとその下部リーグ(Gリーグ)の両方に出場できる契約方法なんです!

つまり、チームにとっては使い勝手のいい契約であり、若手選手にとってはNBAのトップチームと契約できるチャンスでもあります。

過去には、クイン・クック選手が2ウェイ契約からシーズン終盤には2年間のトップチームでの契約を勝ち取っています!

若手選手には、トップチームと契約するチャンスなので、ここからは、渡邊雄太選手がどれだけ監督にアピールできるのか?が課題ですね!

渡邊雄太の家族も凄い

身長206cmと高身長の渡邊雄太選手ですが、ご両親も背が高かったのでしょうか?

調べてみると、父の英幸さんも、母の久美さんも、姉の夕貴さんもバスケットボールの選手です。

母の久美さんに関しては、日本代表も経験しているそうです!
すごい遺伝子だ!!!

優しそうなご家族ですね!!!

ちなみに、お父さんは190cm、お母さんは177cmあるそうです。
全員が高身長で存在感や圧力が半端ない一家ですね!笑

そんなバスケット一家ですので、渡邊雄太選手がメンフィス・グリズリーズと2ウェイ契約を結び、NBAにデビューした事は誰よりも嬉しいでしょう!!!

渡邊雄太に彼女はいるのか?

206cmの高身長と学生時代からガンガン活躍していた渡邊雄太選手ですが、当時から相当モテたのではないでしょうか?

学生時代なんて、バスケってだけでモテる要素はありますし、全国ベスト5に選ばれる実力の持ち主です。

もしかしたら、高校には渡邊雄太のファンがたくさんいたのでは?

そう思って調べてみると…

見つけました!
この方がもしかしたら、渡邊雄太選手の彼女かもしれません!

この距離での2ショットなので、間違いなく彼女でしょう。
むしろそうじゃなかったら、逆にどんな存在?!w

渡邊雄太選手の華麗なるプレイ動画

・こちらは渡邊雄太選手の高校時代の無双プレイ!

・こちらは渡邊雄太選手の華麗なるダンク集!

他にもたくさんのスーパープレイ集がありますので、興味のある人は、YouTubeで検索!笑

渡邊雄太選手のプレイスタイルは?

渡邊雄太選手のポジションであるSF(スモールフォワード)は、得点を取ることが主な役割です。

206cmの高身長の場合、通常はセンターポジションでゴリゴリ攻めていくスタイルが多いのですが、渡邊雄太選手の場合はカットインや3Pシュートなどのアウトサイドプレーも得意とするオールラウンダーな選手です!

ワシントン大学時代には、ディフェンシブ・オブ・ザ・イヤーなどを受賞するほどディフェンス力が高く評価されています。

渡邊雄太選手の強みは大きく3つあり
・ディフェンス面でのユーティリティ性
・ハンドリング、パス、シュートの総合的なスキル
・バスケIQの高さ
と評価されています。

これらの評価から、『自分の絶対的な武器はこれだ!』というものはないのですが、むしろ『全局面で活躍できるオールラウンド』であることが最大の能力と言えますね!

まとめ

日本人で2人目のNBAプレイヤーとなった渡邊雄太選手についてまとめてきました。

身長も206cmと恵まれた体格であり、小さい頃から選抜や全国大会にも出場したりと才能に溢れているように感じる渡邊雄太選手ですが、高校時代の監督は『努力の上に才能が乗っかっている』と表現しています。

恵まれた体格がありながらも、監督にそう言わせるほどの努力をしてきていたので、NBAにデビューすることができたのでしょう!

渡邊雄太選手の今後の活躍に注目していきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする