湘南ベルマーレをルヴァン杯初優勝に導いたチョウ監督の経歴や成績は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

湘南ベルマーレがクラブ創設50周年で、初タイトルを獲得しました!!!

おめでとうございます!

湘南ベルマーレを率いて7年目のチョウ監督の経歴や、熱すぎる・かっこいい人柄などについてまとめていきます!

湘南ベルマーレがルヴァン杯で優勝!

今シーズンで就任7年目に突入したチョウ監督が率いる湘南ベルマーレが、待望の初タイトルを獲得しました!!!

埼スタで行われた決勝戦の相手は横浜マリノスでしたが、U-21の日本代表MF杉岡大暉が前半36分にスーパーミドルを決めて決勝点となりました!!!

こちらが湘南ベルマーレとマリノスのハイライトになります。

得点シーンは2分半くらいからです↑

・こちらは湘南ベルマーレの初優勝が決まった瞬間の映像です!

湘南ベルマーレのチョウ監督のプロフィール

名前:チョ・グィジェ
国籍:韓国
年齢:1969年1月16日 49歳
出身:京都府京都市左京区
学歴:早稲田大学

現役時代の所属クラブは
1991〜1993年 柏レイソル
1994〜1995年 浦和レッドダイヤモンズ
1996〜1997年 ヴィッセル神戸

チョウ監督の現役時代のポジションはDFだったそうです!

湘南ベルマーレのチョウ監督の経歴は?

早稲田大学を卒業後、日立製作所に入社し社会人サッカー部に入ったそうです。
これがのちの柏レイソルです!

その後、浦和→神戸と渡り歩き、1997年に引退しています。

引退後の1998年に、チョウ監督はドイツのケルン体育大学でサッカーの指導について2年間学び、2000年に帰国しています。

その後は川崎フロンターレのアシスタントコーチ、ジュニアユース監督、セレッソ大阪のコーチを経て、2005年に湘南ベルマーレへ入団しています。

U-18の監督を経て、2009年にベルマーレのアシスタントコーチに就任。

2009年3月にJFA公式S級コーチライセンスを取得しています。

2012年に、湘南ベルマーレの監督に就任し、その指導力・育成力を活かしてJ2で2位に入りJ1にチームを昇格へ導いています!

しかし、2013年は失速しJ2に再度転落し監督交代もささやかれましたが、翌年にはJ2最速でJ1昇格とJ2優勝を果たしています!

そして、2018年にはYBCルヴァン杯の決勝で横浜マリノスを破り湘南ベルマーレは初優勝を果たしています!!!

優勝の際のチョウ監督の感動のインタビュー映像です!

そんなベルマーレは今年がクラブ創設50周年だそうです。
チョウ監督はもってますね!!!

湘南ベルマーレのチョウ監督の評価は?執筆も!

チョウ監督は、現役引退後ドイツに渡りサッカーについて学んでいます。

サッカー先進国のドイツで学び、ユースやアシスタントコーチとしての経験も豊富なため、サッカーの戦術に関しての知識の深さはもちろんだと思います。

湘南ベルマーレの会長の眞壁潔さんは、チョウ監督について「人を育てる力」「人をその気にさせる人間性」をもっている人物だと評価しています。

実はチョウ監督、指揮官の流儀:直球リーダー論という本を執筆しています!
指揮官の流儀 直球リーダー論 (角川学芸出版単行本)

この本の簡単な内容としては、親会社がなく予算も少ない湘南ベルマーレが、Jリーグ史上最速でJ1昇格を決めた理由と選手の可能性を最大限に引き出すチョウ監督の流儀が詰まっています!

ぜひ一読してみてください!
アマゾンのレビューも4.8という異常なハイスコアを叩き出しています笑

レビューのコメント欄の読んだ人の感想にもチョウ監督の人柄がよく表れています。

湘南ベルマーレのファンの反応は?

ベルマーレファンのコメントもたくさんありましたが、他のクラブの優勝の時よりも、他クラブのファンの方のおめでとうのコメントが多い印象ですね!

まとめ

湘南ベルマーレを7年牽引してきた熱い男!
チョウ監督がクラブ創設50周年にして、初優勝を決めました!

湘南ベルマーレは、7年で2度J2降格を味わいましたが、3度J1昇格を果たして常に這い上がってきたチームです。

また予算も少なく、主力選手が毎年のように他のクラブへ流出してしまう状態の中、優勝を決めた湘南ベルマーレ。

サポーターからの熱い声援と、チョウ監督の流儀が素敵ですよね!

今後の、湘南ベルマーレの活躍に注目していきましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする