【動画】ヨルダンで鉄砲水!鉄砲水の原因と対策・前兆を徹底解説!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドイツ・フランス・日本・アフリカ・タイなど世界各国で様々な被害を出している鉄砲水!
ヨルダンでも鉄砲水による痛ましい事故がありました。

ヨルダンだけでなく日本でも、以前から鉄砲水の被害は聞かれていましたので、鉄砲水の原因から対策、前兆まで詳しく解説していきます。

これを知っておけば、キャンプでもBBQでも鉄砲水対策はバッチリです!!!

【動画】鉄砲水とはどんな現象?

鉄砲水と聞いて名前は知っているけど、どんな現象なのか?まで知っている人は多くないのではないでしょうか?

鉄砲水と現在では呼ばれていますが、江戸時代は山津波と呼ばれていたそうです。
このことから、日本でも昔から鉄砲水が頻発していたことがわかりますね。

簡単に言うと、鉄砲水は河川などの非常に急激な増水のことです!

決して、水鉄砲のように水が噴射してくるものではありませんよ笑

文章だとイマイチ伝わりにくいので、動画で確認して見てください!

衝撃!? 鉄砲水の動画がやばい!

ここはブラジルのある渓谷で撮られた動画です。

初めは穏やかな流れの川ですが、徐々に変化が見られてきます!
3分程度経った場面の動画では、初めに見た場所とは思えないほど変わり果てた濁流となっています!

・いつもの水量

・2分後の水量!(全く同じ場所です)

たった数分でこの増水は怖すぎる!!!

日本の川の鉄砲水もやばい

こちらは、神戸の都賀川で起きた鉄砲水の様子です。
増水前に川で人が遊んでおり、危ないです!

この事故で数名が被害にあわれています。

道かと思ってたら鉄砲水?!

これはマジで怖いですね!
こんなに乾いた平坦な道を歩いているのに、実は川の底だった!!!

これは気づかないですよ!!!

鉄砲水が起こる原因は?

鉄砲水が発生する原因はいくつかあります。
・倒木や土砂崩れで作られた自然のダムが決壊した時
・山の斜面に集中的な大雨が降った時
などが挙げられます。

最近では、都市部でも高度経済成長期に地下に埋められた川の影響で河川の増水が起こった例も見られています。

豪雨による鉄砲水の仕組みは?

斜面に集中的な豪雨が降った場合は、その斜面の土や植物が水を吸い込み貯めます。
豪雨により、その土地や植物が吸収できる水の量を越えてしまった場合は、一気に水と土が下流にドッと流れ込みます。

これの現象が鉄砲水です!

この限界値を超える前に、水の色や量・水温が変わるのです。
後述する”鉄砲水の前兆”とは、このサインのことなのです!

鉄砲水への対策は?

河川の近くにいる場合は非常に危険な鉄砲水ですが、もちろん対策方法もあります。

上記でいくつか動画を挙げましたが、注目してもらいたいのは流れの速さだけでなく、鉄砲水が起こる前の”前兆”です!

鉄砲水に気づいてから慌てて逃げるでは遅い!間に合いません!!!

この前兆を知っていれば、川の近くで遊んでいても鉄砲水に気づき被害を未然に防ぐことができるのです。

鉄砲水が起こる五つの前兆

特に5個目のものは最終シグナルと思ってください!
これを見つけたら、即効で川から逃げましょう。

① 赤茶色の水が流れる・水が湧き出る・湧き水が止まる
② 地鳴りや地面のヒビ割れ
③ 流木や木の香りがする
④ 急に川の水が冷たくなる
⑤ 大量の落ち葉やゴミが流れてくる

これら五つの前兆をしっかりと見極めておけば、鉄砲水への対策はバッチリです!

これだけじゃ不安・・・って人はを確認して予測しておこう!

鉄砲水は雲でも対策できる

上記の五つの前兆を知っておけば、ある程度は大丈夫です。

しかし、キャンプや子どもやお年寄り連れの場合、すぐに避難することができない場合もあります。

そんな時は、もしかしたら鉄砲水が起こるのではないか?という意識を持つために上空の雲を確認しましょう!

積乱雲やひつじ雲も鉄砲水のリスク

積乱雲は、様々な理由で発生した強い上昇気流により、小さな積雲がみるみる発達し、最終的に高度10kmまで達する巨大な雲です!

積乱雲では、豪雨や落雷、竜巻など自然災害を引き起こす元になります。
もし、あなたが川の中州などでキャンプやBBQをしている時、上流の方に積乱雲を見かけたならば、豪雨による鉄砲水を警戒しておいた方がいいかも!

うろこ雲の鉄砲水のリスク

昔から、うろこ雲が空を覆うと天気が崩れると言われています。
キャンプやBBQの準備中にこのような雲を見かけたら、鉄砲水に十分注意しましょう!!!

特に夏場の場合は、局地的な豪雨も多いです。
遠くに真っ黒な雲が見えたり、雷鳴が聞こえたら自分の場所が遠かったとしても注意しましょう。

人間は30cm程度の水深でも、流れが強ければ流されてしまいます。
自分だけではなく、周囲の人が被害に遭わないように十分な警戒をしましょう!
流されてから後悔しては遅いです。

鉄砲水への世間の声は?

まとめ

ヨルダンで鉄砲水による飛散な事故がありました。

日本でも、以前に何度も鉄砲水による被害が報告されています!

鉄砲水に関しては、突如発生する現象のように感じますが、今回説明した前兆を知っていれば事前に回避できる可能性は非常に高いのです。

もし、今後BBQやキャンプで川の近くに行くのであれば、遠くの雲や川の音や温度・色に十分に注意しましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする