キンプリ岩橋玄樹がパニック障害で活動休止!復帰や治療方法とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

キンプリ岩橋さんが自らがパニック障害であると公開し、治療のため活動休止を発表しました。

勘違いされやすいパニック障害について理解するために、パニック障害について病状から治療法まで解説していきます!

パニック障害は、ただの心の病気ではなく『脳』病気だったのです。
KinKi Kidsの堂本剛の例を参考にして、復帰時期などについてもまとめていきます!

キンプリ岩橋玄樹が活動休止へ

キンプリの岩橋玄樹さんが所属するジャニーズ事務所は、26日に岩橋さんが長年患ってきたパニック障害の治療に専念するために、11月初旬から芸能活動を休止すると発表しました。

いきなりの岩橋さんのパニック障害による活動休止に驚いたファンも多いのではないでしょうか?

ファンからはエールがたくさん届いていますね!

パニック障害という名前は聞いたことがあるけど、実際にはどんな病気なのか知らないって人も多いのではないでしょうか。
そこで、パニック障害についてまとめていきます。

キンプリ岩橋玄樹のパニック障害とは?

パニック障害と聞くと、見た目では分からず普通に見える部分が多いため、「甘えているだけだ」などと心ない意見が聞かれたりしますが、実はパニック障害とは『脳』の病気です。

ここでもあるように、パニック障害とは突然起こる「激しい動悸」「発汗」「頻脈」「震え」「息苦しさ」「めまい」などと言った体の不調と「このままでは死んでしまう」という強い「不安感」に襲われる病気なのです。

過去にもKinKi Kidsの堂本剛がパニック障害で苦しんでいます。

パニック障害で起こる、上記のような発作は10分から1時間以内にはおさまると言われています。

パニック発作を起こし、驚いて病院に行って検査を受けても異常は見られず、時には「気のせいです」と言われてしまうこともあります。

一般の人だけでなく、専門職にもわかってもらいにくい病気なのです!

キンプリ岩橋さんのパニック障害の原因はこちらから!

パニック障害の治療法は?

そんな認識しにくいパニック障害ですが、どんな治療法があるのでしょうか?

パニック障害の治療には、おもに脳内神経伝導物質のノルアドレナリンとセロトニンのバランスを改善する薬物療法が選択されます。

はじめにお伝えしたように、パニック障害は『脳』の病気なので、治療薬が必要になってきます!
本来であれば、薬によって足りない脳内物質を出すよりも自然とでる状態を作っていくことが重要です。
故に、薬だけでなく心理療法も併用して行なっていきます。

心理療法にも、いくつかの治療法があります。
・認知行動療法
これは間違った行動習慣を少しづつ修正し、正しい行動習慣を身につけていくことです。
例えば、たくさんの人の前に出るのが怖くてできない場合は、いきなり大勢の人前に出るのではなく、まずは数人から初めていくというように段階的に少しずつ不安を克服していきます。
これにより、誤った認知を正しいものに修正していくのです!

・自律訓練法
心と体をリラックスさせる方法を身につける訓練です。
パニック障害を持つ人の特徴として、パニック発作を起こしていない状態でも、パニック障害ではない人と比べると高い緊張状態を維持しているのです。
常にピンと張った弦のような状態のため、なんでもないことで緊張が切れてパニック発作に繋がることがあるのです。
普段からの緊張度を下げるためにも、自律訓練法によりリラックスした心と体を獲得するのは非常に大切なことです!

キンキ剛から予測するキンプリ岩橋玄樹の今後の活動は?

今回は、キンプリの岩橋さんがパニック障害で活動休止となってしまいましたが、過去にはKinKi Kidsの堂本剛さんもパニック障害で苦しんだことを打ち明けています。

キンキ堂本剛のパニック障害の克服方法は?

堂本剛さんは現在では、パニック障害が出ることなく芸能活動を続けることができていますよね。

ライブ中に、パニック発作が起こっていたこともあったという堂本剛さんはどのように克服してのでしょうか?

・堂本光一さんの支え
堂本光一さんは、剛さんがパニック障害であることが分かると、自分がパニック障害に関する知識を付け剛さんを守り続けていたそうです!

さすが堂本兄弟!!!

・ソロ活動の開始
剛さんの場合は、14歳でジャニーズに入って周囲からの重圧と自分の想いとのギャップからパニック障害を発症しました。

今までジャニーズの堂本剛としてやっていた部分から、ソロ活動で奇抜なファンションに身を包み、刺激的な歌詞の曲を歌うことで「本当の自分」を表現できる場所を見つけました。

これにより剛さんは今まで感じていた重圧などから解放され、少しづつパニック障害の症状が減っていったそうです!

キンプリ岩橋玄樹の復帰時期や今後の活動は?

一般的にパニック発作を克服するには、ゆっくりとした時間が必要となります。

平均的には、2〜3年程度時間をかけて治療していく場合が多いと言います。

キンプリの岩橋さんの場合は、堂本剛さんと異なり幼少期からパニック障害に悩んでいたそうですので、少し時間がかかるのではないでしょうか?

岩橋さん自身も、今回の休養をしっかりとパニック障害を克服するいい機会であると前向きに捉えているため、十分に時間をとって治療に専念して欲しいですね!

復帰は2年後くらいでしょうか?

世間の声は?

まとめ

キンプリ岩橋玄樹さんのパニック障害による活動休止を受けて、誤解されやすいパニック障害についてまとめてきました。

パニック障害とは、心の病だけではなく『脳』の病気なのです!

非常に治療に時間がかかる病気なので、ゆっくりと時間をかけて治療をしてもらって、キンプリ岩橋さんの完全復活を待ちましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする