安田純平が保護された入国管理施設はどこ?帰国はいつ・どんな生活だった?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

安田純平氏が保護されたトルコの入国管理施設の場所や待遇についてまとめていきます!
前回、安田純平氏が拘束され日本に帰国した際は、日本政府が肩代わりしたお金の支払いを拒否しました。

今回の帰国にかかる費用や支払いはどうなるのでしょうか?

安田純平が保護された入国管理施設は?

安田純平氏が保護されたのは、トルコのシリア国境近くの町ハタイの県都であるアンタキヤにある、入国管理施設です。

安田純平が保護されていた入管施設の詳しい場所は?

ちなみに、安田純平氏が保護されていたトルコのアンタキヤはこのあたりです!


アンタキヤの中でも、安田純平氏が保護されていたのはアンタキヤの入国管理施設と言われていますが、おそらく政府機関の近くに滞在していたのではないでしょうか!

この辺りであれば、政府機関がたくさん存在していますし周囲には病院もあるようです!

入国管理施設ってどんな場所?

安田純平氏が保護されていた入国管理施設とは、収容令書又は退去強制令書により入国者収容所や地方入管局の収容場に収容されている外国人に対して、保安上支障がない範囲内において、できる限りの自由が与えられ、その属する国の風俗習慣、生活様式を尊重されると定められている国が運営する施設のことを指します。

詳しくは、こちらから確認ください!

一般的に入国管理施設では、健康管理や毎日3食のご飯や人との面会も許されているようです!

安田純平が入管施設から日本へ帰国するのはいつ?

3年4ヶ月の激闘を終えた安田純平氏は、24日の夜に保護されていたアンタキヤの入国管理施設からハタイの空港へ移動しています。

イスタンブール行きの飛行機を経由し、早ければ25日の夜には日本に帰国すると考えられています!

安田純平の帰国にかかる費用はいくら?

身代金などの話も徐々に出てきているますが、安田純平氏が日本に帰国するのにかかる費用はどれくらいなのでしょうか?

おそらく、トルコから日本までの飛行機代だけだと思いますので、そこまでお金がかかる訳ではなさそうです。

旅行会社を検索してみると、ANAでは日本とイスタンブール間の飛行機代は約20万円程度かかるようです!

フライト時間も、トランジットにもよりますが約20時間程度です!

トルコ遠いです!!!

しかし、安田純平氏は以前に拘束された際には、日本政府が肩代わりした資金の支払いを拒否しています。

もしかしたら、今回も支払いを拒否するかもしれませんね・・・

どういった意図があるのでしょうか?

まとめ

3年間の監禁・拘束の末、安田純平氏はトルコの入国管理施設に保護されました。

入国管理施設での生活や対応、場所などについてまとめてきました。
トルコ側としては、安田純平氏の解放を政治的アピールに利用しているとも言われているので、安田純平氏の扱いは良いものだったのではないでしょうか?

情報によると25日の夜には安田純平氏が日本に到着すると言われているので、今後の保田氏の言動に注目して行きましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする