安田純平が解放された理由や壮絶な拘束場所や期間、健康状態は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

3年4ヶ月ぶりにシリアの武装勢力から解放された安田純平氏。

拘束監禁されていた、約3年間に安田純平氏にいったい何があったのか?
そして、なぜ3年間も拘束期間が長期化したのか?その壮絶な監禁生活や現在の健康状態についてまとめていきます!

解放された安田純平氏の映像

3年ぶりに解放された安田純平氏の肉声と映像が届きました!

表情を見ると、やはり疲れが色濃く見えますし表情もコケているようです。
僕たちには想像もできないような、過酷な3年間の拘束・監禁生活をしてきたことが想像されますね。

なぜ安田純平は3年も拘束されたのか?

たった一人で3年以上も拘束されていた安田純平氏。

自らシリアへ潜入し、拘束されてしまった安田氏はどうして3年間も拘束されてしまったのでしょうか?

ジャーナリストによると解放までの長期化の理由として以下のことを挙げています。

今回、安田純平氏を拘束していた武装勢力は政治的な思想により誘拐したのではなく、単純に身代金目的で過去にも何度も誘拐を繰り返している組織だとといいます。

他にもこの武装勢力に拘束されてしまったジャーナリストは存在していますが、彼らは身代金を国が支払ったことですぐに解放されているようです。

これに対し、日本はテロリストの要求は飲まないという立場をとっているので、安田純平氏はこの武装勢力から解放されるまでに3年もかかってしまったといいます。

非常に難しい問題ですね。
人の命も大事ですが、国として一介の武装勢力に屈するわけにはいかないという考えも分かりますよね。

なぜ安田純平はこのタイミングで解放された?

では、どうして安田純平氏はこのタイミングで解放されたのでしょうか?

これには、シリア情勢が大きく関わっていると言われています。
近年ではアサド政権側の優位が鮮明になり戦闘が収束しつつあると言われています。

こうした中で、武装勢力側は安田純平氏を人質として囲い続けることが負担となってきていたのではないか?と考えられているようです。

要するに、反政府側の勢力が追い詰められていることが解放に繋がったという見方が多く聞かれています!

また、別の見方として
先日起こった、サウジアラビアの記者の痛ましい事件が関係しているとも言われています。

その理由は「サウジアラビアは記者を亡き者にしましたが、安田純平氏の一件でトルコとカタールは記者を解放したという印象を国際社会に与えることができる」からだそうです。

このように国際的な政治も相待って、安田純平氏はこのタイミングで解放されたとも言われています!

安田純平がいた壮絶な拘束場所はどこ?

実際に安田純平氏が拘束されていた場所の詳細は不明ですが、シリアといえば”21世紀最大の人道危機”と呼ばれる内戦地帯です。

2011年の「アラブの春」の一環として始まったシリアでの内戦も今年の3月で丸5年を迎え、既に総人口約2100万人の半数以上が国内外への避難を余儀なくされ、47万とも推計される人びとが命を落としています。

このような非常に危険な場所に安田純平氏は、3年もの間監禁・拘束されていたのです!!!

生きて無事に帰ってこれただけでも奇跡ですね。

解放された安田純平の健康状態は?

約3年間も武装勢力の人質として生活していた安田純平氏ですが、気になるのはその健康状態です。

あるジャーナリストの話によると、武装勢力により拘束された経験が辛く精神的に以上をきたしてしまうケースも多いといいます。
最悪な場合は、その影響で自らの命を危険に晒してしまうこともあるそうです。

周りに銃を持った人達が大勢いる中で、たった一人3年間も監禁されていることを想像するだけで恐ろしいです。

菅官房長官によると、安田純平氏の健康状態に支障が出ているという情報は来ていないとのことです!

安田純平氏のメンタルの強さ半端ないですね。

しかし、本人は大丈夫と考えていても緊張感のある現場から解放されたことで、徐々にPTSDなどの症状が見られてくる場合もありますので、専門家としっかりカウンセリングしながら経過を見ていって欲しいです!

安田純平氏が保護されていた、トルコの入国管理施設について詳しくはこちらから

まとめ

3年4ヶ月ぶりに、シリアの武装勢力から解放された安田純平氏ですが、映像を見て見るとやはり表情は疲れ顔も痩せこけています。


そうとうハードな生活を強いられていた事は容易に想像がつきます。

今後、安田純平氏のリアルな体験について何を話すのか!注目が集まりますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする