卓球の福原愛ちゃんが現役引退を発表!引退の理由や今後の活動は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

衝撃的なニュースが!卓球の愛ちゃんが、現役引退を発表!!!

まだ若い愛ちゃんですが、今後の活動や引退の原因が気になりますね!
それぞれについてまとめていきます。

福原愛が現役引退へ

福原愛ちゃんは、自身のブログで21日に「選手としての立場を、ここで一区切りつけることを決意しました」と卓球からの現役引退を発表しました!

3ヶ月半ぶりのブログ更新で、いきなりの現役引退の表明だったので驚いた人も多いのではないでしょうか。

福原愛ちゃんは、現在まだ29歳です。
結婚をして一児の母ではありますが、選手の寿命としてはまだ十分でしたので正直驚きましたよね!

3歳から卓球を始め、ずっと卓球漬けの人生だったので現役を引退するという決断は相当大きなものだったでしょう。

愛ちゃん、現役お疲れ様でした!!!

愛ちゃんが現役を引退した理由は?

3歳から29歳までの26年間、卓球をやり続けてきた福原愛ちゃんですが、どうして引退を決意したのでしょうか?

福原愛ちゃんのブログによると、以前から自分自身が日本の卓球界を引っ張って行くために、子育てをしながらも競技を続けていくことが必要なのではないかと考えていたそうです。

愛ちゃんは結婚の際にも、「家庭としての軸を作り選手の軸に戻ってきます。後輩のために新しい道を作っていきたい」と話していました!

後輩の活躍が愛ちゃんを変えた

愛ちゃんは、ここ数年で日本の卓球界には次世代の選手たちが続々登場しており、だんだんと日本の卓球界が盛り上がってきているのを肌で感じていたそうです。

そう感じているうちに、自分が感じていた肩の重みが「スッと」抜けるような感覚があり、自分が選手としてできることはやり切ったという思いが強くなったそうです!

そこで、「自分が選手としての立場でやるべき使命は果たせた」と感じ今回の引退表明に繋がったということです。

29歳にして、すごく大きな責任を背負っていたのですね!
愛ちゃんお疲れ!!!

愛ちゃんの今後の活動は?

気になるのは、今後の福原愛ちゃんの活動です!

とりあえずは、今月に開幕する卓球『Tリーグ』の理事に就任していますが、具体的な活動については明記されていません。

福原愛ちゃんと言えば、小さい頃から国民に人気でしたので好感度の高さはハンパないです!

きっと、これからメディアに出る機会も増えてくるでしょう。
スポーツ番組のリポーターなどの依頼も、たくさん来ているのではないでしょうか?

愛ちゃん自身は、自分は生涯卓球人なので卓球という軸からブレることはないと話しています。

今後は選手としてではなく、別の形で卓球界に関わっていき盛り上げていきたいと考えているようです!

愛ちゃんの年収は?収入は大丈夫か!

引退を発表した愛ちゃんですが、卓球選手の年収自体は、他のスポーツと比較してもそこまで高額ではありません。

事実、卓球のワールドツアーの賞金の総額が、およそ3億円程度と言われています。

ワールドツアーで優勝2回、準優勝2回の水谷隼選手でも、その年の賞金は1500万円だったと言います!

愛ちゃんに関しては、ワールドツアーに関しては優勝していないので、卓球選手としての収入は水谷選手以下であることが考えられます。

スポンサー料がすごい!

小さい頃から、国民の妹として有名だった愛ちゃんには、スポンサー契約やCM出演のオファーがたくさんあります。

トップアスリートのCM料の相場は、2000万円程度と言われていますが、愛ちゃんの場合は高感度の高さから4000万程度と言われています!

大会などで好成績を残すと、このスポンサー料が跳ね上がると言われており、ラクビーの五郎丸選手のケースではCM契約料がW杯直後には8000万円まで跳ね上がったそうです!

福原愛ちゃんの年収は、CM料だけで5000万
加えて全日空とのスポンサー料が8000万と言われているので、年収では億越え!!!

収入面では問題なさ過ぎますね笑

世間の声は?

やはり愛ちゃんは中国での人気も半端ないですね!

まとめ

卓球の福原愛ちゃんが、3ヶ月半ぶりのブログ更新で現役引退を発表しました!

当然の発表で驚いた人も多いのではないでしょうか?

愛ちゃん自身も、結婚や出産、Tリーグの理事就任、そして次世代の活躍などを経験する中で、卓球界に対する考え方が変わってきたと話しています。

自分の役割が、選手として卓球界を引っ張る事ではなく、別の立場からサポートすることに変わってきていると感じたそうです!

今後の愛ちゃんの具体的な活動については、発表されていません。

これからの愛ちゃんの活躍に注目していきましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする