KYBの不正改ざん建築物にスカイツリーが!各機関の要求と怒りについて

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

KYBの事件で世間は持ちきりですね!
今回は、KYBの不正データ改ざんにより被害を受けた建築物の中に、まさかのスカイツリーが混ざっていたことや、被害を受けた各所のKYBに対する要求についてまとめていきます!

KYBの不正データ改ざん事件!

東証一部上場企業である大手油圧メーカーのKYBが、免震に関わるデータを不正に改ざんしていたことが発覚しました。

KYBが不正にデータを改ざんした装置を取り付けた建物は、なんと全国で987件にも上ります!

さすが大手!凄まじい量です・・・

詳しくはこちらから!

建築名公開でスカイツリーも

なんと今回のKYBによる、免震装置不正データ改ざんの影響は日本で最も高い建築物である、”スカイツリー”にも及んでいたのです!

東京スカイツリーの運営会社は、地震や風によるスカイツリーの揺れを抑える制振装置での改ざんを確認したと公表しました。

制振装置とは、建物の揺れを吸収する装置です。
つまり、地震や風などで起こる”スカイツリー自体の揺れ”を吸収する装置なのです!

スカイツリーレベルの大きな建物が、バンバン揺れたら危ない!!!

しかし、東京スカイツリーの運営会社によると制振装置に改ざんは認めたものの安全性には問題はないとしています。

スカイツリーの安全性に問題がないという根拠は?

東京スカイツリーによると、スカイツリーに使われているKYBのオイルダンパーの225基のうち、90基でデータの改ざんが確認されたとしています。

90基のダンパーに関しては不正なデータの改ざんがされていたのですが、改ざんする前の数値自体でスカイツリー側が求めた安全基準を満たしていたそうです!

スカイツリーは多くの人が集まる観光地のため、改ざんがあったダンパー90基を設計会社と大林組に調査を依頼し『異常なし』という結論に至っています。

これにより、スカイツリーはデータの改ざんが行われたダンパーを交換せずに営業を続けられるそうです!

じゃあ、なんで改ざんした!!!と思わざるを得ません。

不正装置を設置された機関の要求は?

今回の不正データ改ざんを行なった建築名公開により、各都道府県の多数の官公庁に不正にデータ改ざんをしたオイルダンパーが使用されていることが明らかになりました。

KYBは合意の得られた建物から公表していくと発表しましたが、公表されたのは987件のうち、わずか7%に止まっています!

今回のデータ改ざんの件で、それぞれ不正が発覚した機関はKYBに対してどのような要求をするのでしょうか?

大阪府庁の要求は?

KYBの不正データ改ざんダンパーが大阪府庁の本館にも設置されていました。

これを受けて、大阪府の松井知事は「正しい数字に基づいてゼネコンに発注している。我々が求めている水準に達していないため、補償していだたく」と述べています。

大阪府はKYBに対して、装置の交換も含め補償を求めていく考えを示しています。

名古屋市はブチギレ?

名古屋市は、本庁舎に使われていたダンパーが基準値に達しているかどうかについてKYB側からの連絡が事前になかったと報じています。

名古屋市の担当者によると、KYB側に散々問い合わせても調査中との対応しかされなかったが、いきなり基準外として公表され憤慨しており、今から対応策を検討するとしています。

KYBは不正なデータ改ざんも悪質ですが、その後の対応も後手に回っており企業評価を著しく下げています。

官僚もブチギレ?

農林水産省などが入っている中央合同舎1号館にも、KYBにより不正にデータ改ざんをされたオイルダンパーが使用されていました。

農林水産省の職員は「危険が接近しているわけではないが、国の中枢機関にも不正なオイルダンパーが使用されていたことに衝撃を受け、信頼を裏切られ許せない」と話しています。

また「いつ大地震が起こるか分からないので、KYBは早急に全てのデータを公表すべきだ」とも話しています。

その他にも怒りの声が!

大阪・通天閣の運営会社は「南海トラフ地震に備え、信頼できる大手に頼んだのに残念だ!」

札幌ドームの関係者は、「状況だけでも報告に来て欲しいと頼んだが、返事もない!」とブチギレています。

KYBの事後対応の悪さが露呈していますね!!!
 

KYBの今後は大丈夫?

各省庁や病院、マンションなど多くの建物に使われていたKYBですが、今回の騒動で企業イメージのダウン・補償にかかる費用などで大きなダメージを受けていると思います。

KYBの今後の経営は大丈夫なのか?

詳しくはこちらから!

世間の声は?

まとめ

今回KYBが公表した、不正にデータ改ざんした装置がある建物名は全体の7%に留まり、公開した建物も官庁舎のみとなっています。

最も重要なことは、いつ大地震が起こるか不明な日本において、不正ダンパーのせいで免震に不備があるマンション名を公開することではないでしょうか?

地震が起こってからでは遅いです!
KYBは震度7までは耐えられるとしていますが、逆に言えば震度7以上の地震がきたら倒壊するということですよね!

まじで危ないので、早く公開して欲しいですね。
特に高層ビルやマンション!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする