2018年しし座流星群のオススメ観測場所と時間や方角!コツを知れば観測が容易に!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

10月にオリオン座流星群があり、11月には最強の流星群である”しし座流星群”がやってきます!

オリオン座流星群についてはこちらから!

皆さんは、11月18日はどんな予定ですが?
もし、時間があるのであれば2018年はしし座流星群を見に行ってはいかがですか?

2018年版、しし座流星群のオススメ観測場所と時間や方角からコツまでまとめていきます!

2018年しし座流星群

しし座流星群は、非常に有名ですよね!

11月ごろに見られる流星群で、時期的には冬にあたり空気が観測しているため、空に浮かぶ星がとても綺麗に見えます。

しし座流星群で有名なことと言えば、『火球が多い』ということでしょう!
流れ星自体も見やすく、見慣れていない人でも感動するほどの流星群が見られます。

2001年には、1時間あたり2000個の流星群を見せてくれた”しし座流星群”が記憶に新しいのではないでしょうか?

当時は地球の神秘を感じましたね!

しかし、近年では1時間に10個程度と減少傾向にあるそうです。
そのため、しっかりと見える場所と方角、時間を把握しておきましょう!

しし座流星群の方角とピークの時間は?

2001年のように1時間に2000個のもの流星群が見られたのであれば、方角など知らなくても空を眺めれば見つけられたと思います。

しかし、今は爆発的な流星群が見られる周期ではなく、1時間に10個程度しか流れないので、しっかりと方角やピークの時間帯を把握しておくべきです!

しし座流星群の方角

方角は東の空を眺めよ!

方角としては、東の空ですが夜空を全体的に見ることをオススメします!

しし座流星群は、火球が目立つので1つでも流れれば見つけやすいと言われています。

火球がわからない?では、2001年の時の最高に綺麗な”しし座流星群”を動画で確認ください!
ここで特に燃えるように、流れている星が火球です!

ヤバくないですかこれ!
デートでこんなの見せられたが、一発KOですね笑

もし、東の方角がわからない場合は、スマホのマップ機能やコンパス機能を使って方角を確認しておきましょう。

しし座流星群のピークの時間帯

ピークの時間帯は、2018年11月18日(日)AM7時と言われています。

見頃は17日〜18日にかけての深夜になります!

月が沈む深夜から夜明けにかけてが、最も観測しやすいでしょう。

研究者による小ピーク予想
・19日のAM8時ごろ
・20日のAM7時〜9時頃
・20日の16時〜18時頃
・21日のAM10時頃
・26日のAM8時頃
これらの時間帯が小ピークとして、研究者たちは予測しています。

ただし、今年のしし座流星群は2001年のような凄まじい量の流星群は見られないようです。

しし座流星群を観測するコツ

流星群の仕組み!
流星群のほとんどは、地球に向かってくるのではなく、地球の方が流星群に向かっていく形なのです!

これは、もちろん地球そのものが移動しているのではなく、地球の公転運動により地球の回転している方角から流星が飛び込んでくるように見えるのです。

流星群を見るための3つのコツ

そんな飛び込んでくるように見える流星群を、より観測しやすくするコツがこちら!

① なるべく暗い場所を探す
② 流星群の方角を把握して全体をぼーっと見る
③ 夜中の0時から日の出までの時間帯を狙う

この3つをしっかりと抑えておくと、より一層流星群を見れる確率がアップします!
以下に理由を含め細かく説明していきます。

①なるべく暗い場所を探す
周囲に街灯がない開けた場所を探して見てください。
また、流星群を見る直前に、明るい部屋にいたりスマホなどを見ていると強い光に目が慣れてしまい瞳孔が縮小します。
こうなると、夜の暗闇に目がなれるまで時間がかかるので事前に夜の暗さに目が慣れるように準備しているといいですね。
医学的には、目が暗闇に慣れる暗順応は30分程度かかると言われています。

②全体をぼーっと見る
さらに、流星群を夜空に探そうと視点を移動させると確認できないことが多いです。
ぼーっと流星群の方角を眺めていることが流星群発見のポイントです!

③深夜から日の出を狙う
夜といっても、夜空には月が爛々と輝いています。
太陽ほど明るくはないですが、流星群を見るのであれば光が強すぎて見にくくなります。
なので、深夜に月が沈むタイミングを狙うといいでしょう!

しし座流星群の観測スポット

都内で考えると、街灯が周囲になり場所なんてあまりないですよね!

ですので、都内でオススメのしし座流星群を観測できる場所を紹介していきます。

六本木のスカイデッキ

六本木天文クラブという、イベントをよくやっている六本木のスカイデッキにいきましょう!

ここなら、六本木の森ビルの屋上なので東京の街の明かりに邪魔されることもなく、しし座流星群を観測できます。

それに、六本木界隈でディナーをしてから観測に行くというおしゃれデートコースにも活用できるんです!

東京タワーの特別展望台

スカイツリーより、東京タワー派って人も多いと思います。
高さ250mからの特別展望台です!

神谷町、御成門、赤羽橋が最寄駅ですね!

どこの駅からでも同じ距離ですが、赤羽橋から東京タワーへ向かうコースでは、キューバ大使館や芝公園を眺めながら歩けるので道中も楽しいかも。

夢の島公園

夢の島公園はそこまでメジャーな場所ではないですが、BBQなども楽しめる施設です。

併設している熱帯植物園も実は、根強いファンがいて人気なんです!
海が近く、周囲の灯りは少ないので絶好の観測スポットなんです。

新木場駅から徒歩10分程度です!

2018年しし座流星群を見逃した場合は?

11月18日にしし座流星群を見逃してしまった!
寝過ごしてしまった!というあなたへ。

研究者たちの小ピーク時期の予測でもご紹介しましたが、19〜21日、26日の間でも観測は可能なようですので諦めずにチャンレンジしてみてください!

再度載せておきます!

研究者による小ピーク予想
・19日のAM8時ごろ
・20日のAM7時~9時頃
・20日の16時~18時頃
・21日のAM10時頃
・26日のAM8時頃

もし、この時期も見逃してしまったら?

来年のしし座流星群を待ちましょう笑
実は、2033年〜35年、37年には、1時間に数百個レベルの流れ星が観測されると予測されています。

5年後の”しし座流星群”を狙ってもいいのかもしれませんね!!!

星はどこにもいきませんので、気長に待ちましょう笑

しし座流星群への世間の声は?

まとめ

2018年のしし座流星群を観測する時のコツから、方角やオススメのスポットについてまとめてきました!

星空の下で気になるひとや、恋人とデート!
ロマンティックですね。

そこで流れ星を見つけることができたら、最高の幸せをゲットできるかも!

3つのコツなどをお伝えしましたが、11月の夜は猛烈に寒いので暖かい格好で観測してください。
せっかく、観測できる場所に行っても寒くて帰るなんてことも起りますから笑

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする