なぜジュリーがコンサートをドタキャン?その理由と原因について!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ジュリーこと沢田研二が、さいたまスーパーアリーナでのコンサートを開始時間直前にドタキャンしたことが話題になっています。

何万人ものキャパをもつ、さいたまスーパーアリーナでドタキャンだなんて、一体どんな理由があったのでしょうか?

ジュリーがドタキャン


10月17日にスーパーアリーナで行われる予定だった、ジュリーのコンサート『ols guys rock』が急遽中止(ドタキャン)となったことが明らかになりました!

ファンからは、「まさかの中止!」「勝手にしやがれ」などジュリーの突然の発表に困惑している様子が表れています。

なぜドタキャンになった?

ジュリーのドタキャンは、会場スタッフによると「重大な契約の問題が発生したため、主催者・所属事務所が協議を重ねた結果、本日の公園は中止とさせて頂くことになりました。」と説明しています。

こんな紙だけで、ドタキャンの案内がされるなんて、前代未聞ですね笑
ジュリーは、ファンのことを考えているのでしょうか?

ドタキャンの理由は?

会場スタッフによると、ドタキャンの原因は契約上の問題により所属事務所との折り合いがつかなかったという流れになっています。

ジュリーの所属事務所はどこなのでしょうか?
おそらく大手の事務所であれば、このようなドタキャンは起こらないので個人事務所ではないでしょうか?

ジュリーの事務所は?

ジュリーの事務所は、ココロ・コーポレーションという名前の事務所です。

所属タレントは、”ジュリー”1人だけです!

まさに、個人事務所ですね!!!

ジュリーは、以前ナベプロに所属していましたが、1985年に独立してココロ・コーポレーションを立ち上げているようです。

つまり、ジュリー本人がココロ・コーポレーションの代表取締役であるということです。

要するに、ジュリー本人と開催場所のさいたまスーパーアリーナとの契約関係に問題が起こったと考えるのが妥当でしょう!

今回のジュリーのドタキャン騒ぎの真相はこちらから!

コンサート代は払い戻しされる?

気になるのは、今回のドタキャンされたコンサートのチケット代が払い戻しになるのか?ということです。

9月30日に静岡で行われる予定だったコンサートが台風で中止になった際は、振替公演が行われています。

今回のスーパーアリーナでの公演も、別日に振替公演があるようなので払い戻しはないと考えられます!

世間の反応は?

まとめ

ジュリーこと沢田研二が、さいたまスーパーアリーナでのコンサートをドタキャンしたことが話題になっています。

お客さんに対しての、説明が手書きの汚い紙だけというのも非常に問題があるように感じますよね!

今後の対応に注目していきましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする