卓球部にパワハラ!賞状を破った教師は誰?実名や担当課目について

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

川崎市の西高津中学で、男性教諭が卓球の新人戦で3位になった生徒の賞状を破り捨てました!
このクレイジーな行動をした教師の実名と担当課目についてまとめていきます。

卓球部でパワハラが!

神奈川県で10月に開催された卓球部の新人戦で、47校中3位になった卓球部員に対して部活の顧問を務める50代の男性教諭がパワハラを行ったとして問題になっています。

なんと、生徒の目の前で
3位の賞状を破り捨てたのです!!!

詳しい内容としては、表彰式の後、50代の男性教諭は会場で選手を大声で叱咤し、その場で賞状を破り捨てたそうです!

凄いパフォーマンスすぎる・・・漫画か!

頑張って3位になった生徒に対して、労いや褒める事などする由もなく、いきなりの賞状を破る始末・・・それも新人戦ですよ!

かなりクレイジーな先生ですね。
一体どんな先生なのでしょうか!

卓球部の賞状を破り捨てた教師は誰?

この最悪なパフォーマンスを披露し、世間からバッシングを受けている人物は川崎市高津区の市立西高津中学校で卓球部の顧問を務める50代の男性教諭だと言います。

実は、この男性教諭は2014年から卓球部の顧問と神奈川県卓球協会理事も兼任しているのです!!!

神奈川の卓球協会の理事が、こんなことしたら余計にアカンですよね。

神奈川県の卓球協会をまとめる立場にいる人物が、3位入賞の生徒の賞状を破り捨てるなんて、スポーツマンシップってなに?って思いませんか。

【実名公開】西高津中の生徒らしきSNSから情報

卓球部の生徒の賞状を破り捨てた男性教諭は・・・

理科の大笹っておっさん?!
賞状を破った卓球部顧問は、50代の男性なのでおっさんはあってますが・・・

正確な情報は不明ですが、どうなのでしょうか!
今後の情報に期待しましょう。

なぜ教師は卓球部の賞状を破ったのか?

今回の問題に対して、男性教諭は「授与された賞状が汚れていた」「こんな成績ではダメ、選手にやる気を出させるためにパフォーマンスとしてやった」などと言い訳を並べています。

男性教諭のこの2つの言い訳ですが、汚れていたら破いていいルールもないですし、モチベーションを上げるためのパフォーマンスであれば意味がないし逆効果ですよね笑

この独裁的な感じは、以前のボクシング協会の山根会長に似ているような気がします。

おそらく、神奈川県の卓球協会理事を務めているため、自身が顧問をしている卓球部には自分の名誉のために優勝してもらいたかったのではないでしょうか!

権力欲の強い人にありがちな思考ですよね!

西高津卓球部のOBによると


と投稿されています!昔から人望なかったのですね。

賞状を破った卓球部顧問の男性教諭の処分は?

賞状を破り捨て世間から反感を買っている、この男性教諭はどのような処分になるのでしょうか。

市立西高津中学校の校長としては、「いかなる事情があろうと、賞状を破り捨てた事はとんでもないことで、本当に申し訳ない。早く生徒たちに謝罪させるとともに、指導を徹底したい」と話しています。

辞職などの対応はなさそうですね!

市立の中学ですので、職員の辞める辞めないを決めるのは教育委員会なのでしょう。

今回の件で明らかになった、市立西高津中学校の卓球部パワハラですが、賞状を破ったこと自体もいけないことですが、本質的な問題はそこではないと考えられます。

たまたま、今回の行動が賞状を破ったことで世間の目に晒されることになりましたが、問題なのはこの男性教諭の考え方にあるのではないでしょうか?

結局、賞状を破ったことを生徒に謝罪したところで、男性教諭の考え方が変わらなければ、この卓球部の環境は変わらないのではないと思います。

学校側には、ぜひ指導を徹底してもらいたいですね!

西高津中の卓球部は強かった?

今回3位にも関わらず、顧問の教員に賞状を破り捨てられた西高津中の卓球部ですが、実力のほどはどれほどのものなのでしょうか?

西高津中は中学から卓球を始める子がほとんどの中、2015年には県大会で優勝しています!
素晴らしい指導力ですね。

強さの秘密は回転にあるようです!

世間の声は?

当然のように、バッシングの嵐ですね!

まとめ

またしても、スポーツ界からパワハラですね。

頑張って3位になった生徒に対して、ホメるどころか賞状を破り捨てるという謎の奇行に走った男性教諭。

またしても、問題を起こしたのは協会の理事です。
ボクシングでもレスリングでもそうでしたが、権力を持った人間は人格がしっかりしていないと権力に押しつぶされ、傲慢になってしまうのかもしれません。

とりあえず男性教諭には、山本五十六の言葉を毎日読んで欲しいですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする