福地啓介がオセロ世界大会で優勝!出会いと勉強方法や両親の教育について

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本の小学5年生が、世界オセロ選手権で快挙を達成!!!

福地啓介くんが、なんと無差別クラスでの世界大会で若干11歳にして優勝しました!
そんな福地啓介くんの、勉強方法や上達方法についてまとめて行きます。

福地啓介が世界大会優勝


※32年ぶりではなく、36年ぶりですね↑

11歳の初出場にして、世界90人の選手が出場する世界オセロ選手権で福地啓介くんが優勝しました!!!

おめでとうございます!

なんと無差別部門、ユース部門の両方で優勝するというとんでもない自体に!

福地くんの11歳128日での優勝は、これまでの世界最年少記録を4年も縮める快挙として、ギネスブックを更新しました。

福地くんは、今回の世界オセロ選手権で前回の世界オセロ大会時の2位(日本人)と1位(タイ人)を破っての優勝ということで、まさに完全優勝という形になっています!

新たなスターの誕生ですね!!!

本田選手がいれば、福地くんに『持ってるなぁ』と言いそうな嘘みたいな奇跡の出会いはこちらから!【動画あり】

福地啓介の紹介

名前:福地啓介(ふくちけいすけ)
年齢:現在11歳(小学5年生)
出身:神奈川県横浜
学校:旭区希望ケ丘小学校
段数:オセロ6段

・過去の成績
2014年オセロ小学生グランプリ 優勝
第38期オセロ名人戦小学生の部 優勝
第39期オセロ名人戦小学生の部 優勝
2018年オセロ小学生グランプリ 優勝

優勝ばっかり!!!

そして今回の、第42回オセロ世界選手権優勝です!

福地啓介のオセロとの出会いと勉強方法

福地くんがオセロに出会ったのは、2013年の夏だそうです。
母の陽子さんに勧められたことがきっかけでオセロを知り、徐々にのめり込んでいったそうです!

福地くんのオセロの勉強方法は、本やパソコンのソフトを利用して独学で上達していき、オセロに出会った2013年の冬には地区で行われた大会で優勝するまでの実力を身につけました。

そして、1年後の2014年小学生グランプリで優勝し、その4年後には世界オセロ選手権で優勝!

凄すぎ!まるでヒカルの碁ですね。

陽子さんの勧め大当たりですね笑

福地くんは、パソコンのソフトを利用してオセロを勉強していたと言いますが、日本オセロ連盟公認のオセロ練習用のアプリもあるようです。

もしかしたら福地くんも使用しているかも!
詰めオセロOrca(オルカ)!というアプリのようです。

福地啓介の両親の教育方針とは?

将棋の彼は、モンテッソーリ教育を受けていましたが、たった1年で小学生の部で優勝、それから4年後に世界大会で優勝している福地啓介くん。

彼の両親はどのような教育方針をとっているのでしょうか?

両親から息子への教育方法などの話は、まだメディアに出ていませんのでコメントから予測するに、放任主義なのではないか?と考えられます。

福地くんが、オセロを学んだのも本やソフトを通じて学習を進めて行ったことを考えると、福地くんの両親は子供が興味を持ちそうなものの存在を教えて、本人がそれに興味を持ったら学習できる環境を整えてあげるような教育方針ではないかと考えられます。

まさに子供の自主性を育てる方針ですね!

あれをやりなさい!これをやりなさい!ではなく、子供のやりたい!を引き出しその助けになるような環境設定をしてあげるという方法です。

世界オセロ選手権とは?

今回で42回目を迎える世界オセロ選手権は、チェコのプラハで行われ、25の国と地域から86名のオセロプレーヤーたちが集います。

世界オセロ選手権の紹介動画です。

今回、オセロ選手権が開催されたのはプラハのHotelOlšanka1000という会場です!

ここで10月9日から12日までオセロの激戦が繰り広げられていました!
決勝戦の様子です。

世間の声は?


祝福の声がたくさん挙がっていますね!

まとめ

将棋だけでなく、オセロの世界にも最年少のワールドレコード保持者が現れましたね!

オセロを始めてから、わずか5年で世界1位になってしまうという学習速度の速さは驚きですよね。

独学でも好きが講じればどこまでもいけるということを、福地くんに教えてもらった気がしますね!

他に、世界で活躍している若者といえば、アジア大会で優勝したこの人ですね!

ジャンルとしては、近からず遠からず?笑

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする